JAMA電動バイクカーボンニュートラル

日髙委員長、二輪車のカーボンニュートラルに対する取り組みについてメディアミーティングで説明

公開日: 2021/10/27

更新日: 2021/11/04

自工会二輪車委員会(日髙祥博委員長/ヤマハ発動機株式会社社長)は10月1日、二輪専門誌とメディアミーティングを開催。二輪車のカーボンニュートラルに対する取組みについて説明した。

全ての二輪車が電動化の対象ではない

二輪業界における大きな関心事項の一つとして、内燃機の生産はどうなるのか、というものがある。これについて冒頭、日髙委員長は、カーボンニュートラルには全力で取り組むと前置きしたうえで、

「全ての二輪車が電動化の対象ではない。安価、小型、軽量を追求する一方で電動化に必要な大容量化を実現するのは、構造上の制約があり難しい。だが、国際競争力を強化するためには電動化は不可欠」とした。

続けて通勤、通学、商用、業務用に使用される原付領域においては、ある頻度の充電を前提とすれば、電動化は可能と考えているが、電動二輪車は普及が進んでいないのが現状。また、使われるバッテリーの総量が少ないため、各社が個別仕様で取り組んでも調達は厳しい。こうした状況に対応するため現在、取り組んでいるのが、交換式バッテリーの標準化であると説明した。

一方、レジャー目的での使途が多いスポーツ車は、走行距離が長く電動化はさらに難しくなることが考えられる。ただ、カーボンニュートラルについては2050年までに電動化だけでなくハイブリッド、水素、CN燃料などの技術革新が進むことから、可能性は広がる。こうした新燃料への対応については、個社対応となる様子。

現状、国内における二輪のCO2排出量は国内輸送部門全体の0・4%(2018年実績。2019年は0・3%)であり環境優位性は高い。つまり二輪車に対し新たに環境規制を導入すると、コストの上昇を避けることができないため、ユーザー便益を損ねてしまうことが考えられる。

日髙委員長はこうした状況を考慮し、二輪車委員会では政府や自治体と連携し、できることから着実に推進していく、と今後の進め方について明らかにした。

続いて、電動二輪普及のための実証実験「e(ええ)やん OSAKA」の取組みについても説明。1期あたり3カ月20名の実証実験は、9月で4期が終了。その活動を通じて交換バッテリーの設置インフラ以外の課題が見えてきたという。そのため、当初1年だった実験期間を半年間延長し、10月より5期目を開始している。

従来の被験者は初めて二輪車に乗る人が多く、その結果、ラストマイル領域を超える利用範囲のデータが少なかったという。そのため、今回より原付二種相当の電動車を追加し、広い行動範囲のサンプルデータを収集する、としている。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...