フードFDS株式会社アルファディアコロナ

レンタルバイクで初期費用の負担軽減と車両の確保、2つの問題を一気に解決!

公開日: 2021/12/27

更新日: 2022/01/10

騒がれ始めてから、かれこれ2年が経とうとしているコロナ禍。3密回避、不要不急の外出を控えるなど、『新しい生活様式』の浸透とともに、増えたのが『おうち時間』や『巣ごもり』などと呼ばれる、自宅で過ごす時間である。同時に、外食を控える人が増えたことで市場の急拡大を見せたのが、フードFDS。いわゆる『宅配サービス』だ。

FDSは、注文するお客さんだけにメリットがあるサービスではない。自店でデリバリーサービスを行っていない店でも、「ウーバーイーツ」「出前館」「フードパンダ」などのFDS業者に登録することで、お客さんに料理を提供できるようになる。ICT総研の調べによると、FDSの市場規模は2020年が4960億円、2021年が5678億円(予測)となっており、今後も拡大していくと見られている。

FDS業者の利用だけではなく、独自に宅配を始める店も出てきている。そこでネックとなっているのが、初期費用の負担。車両を購入するとなると、それなりの金額がかかる。さらには、移動の足の確保も今は厳しい状況だ。販売店への取材でも「ジャイロキャノピーなど、デリバリー業務向け車両のオーダーがコロナ禍以前に比べてかなり増えた。オークション相場も高止まり状態が続いているので、なかなか調達できない」という声を聞いている。

出典:ICT総研「2021年フードデリバリーサービス利用動向調査」

そのような中、昨年11月、飲食店、個人事業主、副業希望者に向けて、宅配用バイクのレンタルサービス「サニーバイク」を開始したのが、リムジンやハイヤーの配車サービスを展開している株式会社アルファディア。

料金は車両によって変わるが、ジャイロXやスーパーカブなら、1台あたり月額9800円。サービス提供はサブスクリプション方式。利用はスマホアプリのラインから申し込め、支払いは銀行振込、クレジットカードなどのほか、後払いにも対応。さらに、料金には自賠責保険、任意保険(対人無制限、対物無制限/免責5万円)、メンテナンス費用(故障時には代車貸出)が含まれている。レンタルなら、初期費用の負担軽減と車両の確保、2つの問題を一気に解決できるのだ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...