ニューモデルホンダモーターサイクルショー

Dax125とHAWK11がワールドプレミア!ホンダ、モーターサイクルショー出展車メディア向け撮影会を開催

公開日: 2022/04/01

更新日: 2022/09/06

ホンダは2月15日、かずさアカデミアパークでモーターサイクルショー出展車メディア向け撮影会を実施した。モデルは、3月19日に大阪モーターサイクルショーでワールドプレミアとなった「Dax125」と「HAWK11」だ。

Dax125 ~懐かしくて、新しい。遊び心いっぱいの個性的なファンバイク~

Dax125は、象徴ともいえる鋼板プレス製のT字型バックボーンフレームやアップライトマフラーを搭載したレジャーモデル。1969年の発売から長い歴史を持つブランドが、原付二種で復活を遂げた。

同モデルは、ハンターカブやスーパーカブC125と同じ自動遠心クラッチ&4段リターン式変速を備えた、空冷4ストロークOHC単気筒エンジンを搭載。そのため、AT限定免許でも乗ることができる。また、足回りは12インチのタイヤを装備し、倒立フロントフォークならびに前後輪ディスクブレーキを採用。さらに、フロントのみABSを標準搭載している。

車体には、モデル名の由来であるヘルメットとゴーグルを身に付けたダックスフンドのシルエットをデザイン。また、シートはタンデムライドに対応した形状のダブルシートを採用している。カラーは、「パールネビュラレッド」と「パールカデットグレー」の2色展開。

HAWK11 ~日本市場向けの新型ロードスポーツモデル~

HAWK11は、ベテランライダーをメインターゲットに、新たな価値観を提案する一台として開発された、日本市場向けの新型ロードスポーツモデル。搭載する6速の水冷4ストロークOHC直列2気筒1082㎤エンジンは、低速から幅広く使えるトルクと、高回転域までスムーズに回る特性を有している。また、ダイレクトなスロットルレスポンスに寄与するスロットルバイワイヤシステムや、あらかじめ設定した出力特性を選べるライディングモードなど、快適な走りをサポートするための先進の電子制御技術も備えている。

車体は、セミダブルクレードルに前後17インチのホイールを設定。また、サイレンサーを高く配置することで、バンク角を確保している。そして、圧倒的な存在感を放つ大きく緩やかな曲面のロケットカウル。これは、一体成型FRP製のものを採用。ライディングポジションは、セパレートハンドルによる前傾姿勢となっており、ミラーがハンドルよりも低い位置に設定されているのも特徴的だ。

柴田直美さんによるDax125足つき&取り回しインプレ

私の身長は160cmですが、両足とも土踏まずより前側がキチンと地面に設置しています。跨った時に少し足が開く感じがありますが、足はガッツリつきます。また、跨る際シートがフラットになっているため、足が引っ掛かることなく、スムーズに跨ぐことができます。ステップに足を乗せてみても膝が90度くらい曲がるので、長距離乗っても疲れにくいポジションなのかなと感じました。取り回しについては、ハンドルの切れる角度がすごく大きいので小回りしやすく、8の字も余裕です。また、ハンドルが力を入れやすい高さにあるので、車体の重さをあまり感じません。50ccのスクーターよりも軽い感覚でした。バランスを崩してしまったとしても、問題なく支えることができます。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...