販売店取材考現学モーターサイクルショップPLATZ

モーターサイクルショップPLATZ 高松 農 代表取締役(北海道富良野市)【販売店取材】

公開日: 2022/05/02

更新日: 2022/06/07

モーターサイクルショップPLATZ 高松 農 代表取締役


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり、普通の状態ではバイクに乗ることができない冬期に、車両の預かりやスノーバイクの販売など、様々な企画をユーザーに提案。年間を通じてユーザーのニーズに応え続けている。

エンジンOHで年間売上1000万円以上。その多くはオフシーズンに集中

店名は「人が集まる場所にしたい」という思いをこめて、ドイツ語で「広場」を意味するPLATZと命名
店名は「人が集まる場所にしたい」という思いをこめて、ドイツ語で「広場」を意味するPLATZと命名

1999年、北海道富良野市に開業したモーターサイクルショップPLATZ(高松農社長/以下、プラッツ)。今年で23年目を迎える同店は、Z系やCB系などの絶版車をはじめ、Z900RSやハヤブサなどの高年式車を多く扱っている。ただ、これがオフシーズンになると、プラッツの様相は一変する。絶版車系の販売に加え、同店特有の販売活動が繰り広げられるのだ。

取材に伺ったのは3月中旬。首都圏では春の訪れを感じられる時期ではあるが、北海道では「春いまなお遠く」といった感がある。そこで今回は、プラッツの冬期における業務内容に焦点を絞り紹介する。

高松社長にとってバイクは、幼少期の頃から身近な存在であった。上富良野町にある同氏の実家は、東京ドーム約34個分(160ヘクタール)の広大な敷地面積を誇る牧場を経営している。高松社長は小学校低学年の頃から牛を追いかけるため、また、放牧から戻ってこない牛を探すため、牧場内をバイクで走り回っていたという。

幼少期より頻繁にバイクに乗っていた高松社長は、次第に整備にも興味を持つようになっていった。その背景には、航空整備士であった祖父・高雄さんの存在があった。

「祖父は、動かなくなった車両のエンジンを直したりしてくれました。その姿を見て、私も整備に興味を持つようになったのです。中学生の頃には、知り合いのバイクや草刈り機などのメンテナンスをしていました」

高松社長が二輪業界に入ったのは17歳の時。高校に通いながら、旭川市のバイクショップで勤務。同店で2年半ほど働き、その後も別の二輪販売店に勤めた。

同氏が自分のお店を持ちたいと思うようになったのは、3件目の販売店で働いていた23歳の頃のこと。お世話になっていた友人の父親から、人生のアドバイスを受けたことがキッカケだという。

「元々、いつかは自分のお店を開業できたらいいなと考えていました。けれども、『25歳までには自分の生き方を決めて、キチンとした生活を送らないとダメ』と諭され、独立を決心したのです」

以降、資金を貯めるため昼夜を問わず働き、25歳の時に開業した。

<center>Z系やCB系などの絶版車をはじめ、Z900RSやハヤブサなどの高年式車を多く扱っている</center>
Z系やCB系などの絶版車をはじめ、Z900RSやハヤブサなどの高年式車を多く扱っている

今日の二輪業界は、コロナの影響もありバイクブームが再燃しているが、プラッツではどのような変化があったのだろうか。これについて高松社長は、特にユーザー層に変化が見られるようになったという。

「メインは40~50代ですが、最近、若い人が増えています。彼らはツイッターやインスタグラムなどで私のお店を紹介し、新規のお客さんを連れてきてくれるのです。SNSが窓口となっているので、改めて口コミは重要だな、と感じています」

新規ユーザーの増加もあり、昨年は新車・中古車合わせて100台以上を販売。そのうち新車は1割、中古車は9割であった。ただ、バイクブームの再燃によって、新車の比率が高まりつつあるという。

2021年は客単価が100万円を超え、前年比約2倍の売り上げを記録したプラッツだが、北海道ではどのようなバイクの需要が高いのだろうか。これについて高松社長は、次のように分析する。

「原付やスクーターの需要はほとんどありません。北海道は街から街までの距離が遠く、アクセルを開けている時間が長いため、排気量が必要となります。そのため、私のお店のメイン商材は600cc以上のモデルです。この地域でバイクは、移動の足ではなく、嗜好品としての性格が強いと思います」

オフシーズンには重整備の注文が集中

<center>様々な工具が並ぶ整備スペース。オフシーズンには重整備が集中するという</center>
様々な工具が並ぶ整備スペース。オフシーズンには重整備が集中するという

高松社長は本州の二輪販売店の友人から、「オフシーズンは何をしているのか」とよく聞かれるという。これについて同氏は、次のように説明する。

「北海道では11月から4月までがオフシーズンです。この時期は、普通の状態ではバイクに乗れません。また、バイクを自宅に置いておくと、雪に埋もれてしまう、というお客さんも多いので、車両の預かり業務を行っています。料金は大型車で約2万円。バッテリーのチャージやエンジンの始動確認などの整備を行った上で、春、ユーザーにお渡ししています」

そのため、プラッツは店舗の他に、倉庫を3つ所有。今シーズンは他の業務との兼ね合いから約30台に抑えているが、多い時には50台ほど預かる年もあるという。

また、この預かりと一緒に依頼されることが多いのがエンジンのオーバーホールなどの重整備やカスタム。これは年間を通じて行っているものの、北海道ではバイクに乗れる期間が限られるため、オフシーズンに注文が殺到するという。

「北海道では昔から、オンシーズンに備えてオフシーズンに重整備を依頼する人が多くいます。特にウチは、旧車やサーキット走行車のエンジンのオーバーホールが多いですね。これだけで1000万円以上の売り上げがあります。休む暇がいくらい忙しいです」

さらに、オフシーズンはこれらの業務と平行して、除雪機の販売と整備も実施。これは、言うまでもなく必要不可欠な機器であるため、毎年20~30台ほど売れているという。

他にも、プラッツでは雪国ならではの商材を2つ扱っている。1つ目は、スノーバイク。これは、オフロードモデルのフロントにソリ、リアにキャタピラを装着したバイク。取材時、筆者も体験させて頂いたが、足跡ひとつな広大な雪面を走る開放感、そして、雪が積もっている所ならどこでも走れるのではないか、と思ってしまうほどの高揚感を味わうことができる。

2つ目は、スパイクタイヤ。北海道では、大晦日から元旦にかけてバイクで宗谷岬を目指すツーリングイベントがあり、同タイヤなしには辿り着くことができないため、需要があるのだ。

2015年にオール北海道人のチームで鈴鹿8耐に参戦

<center>2015年の鈴鹿8耐、完走後の一枚。高松社長からは達成感が感じられる</center>
2015年の鈴鹿8耐、完走後の一枚。高松社長からは達成感が感じられる

高松社長は北海道で営業しながら、2010~2016年(2014年を除く)にかけて、鈴鹿8耐にメカニックとして参戦した経験がある。その経緯について、同氏は次のように説明する。

「鈴鹿8耐に出場が決まっていた友人のレーサーから、バイクを作って欲しいとお願いされ、コンストラクターとして参戦することを決めました。鈴鹿8耐を走るレース専用マシンを製造するのは憧れであり、自分がどこまでできるかを試したかったのです」

この参戦をキッカケに、翌年から2013年までは、本州のチームのメンバーとして参戦した。だが、何度も出場するうちに、地元、北海道出身の友人たちだけの力で挑戦したい、という思いが芽生えるようになっていったという。そして2015年、ライダーからメカニックまで、全員が北海道出身のチーム「北海道サベダー」で出場した。

この年はCBR1000RRで参戦。バイクだけでなく、クイックチャージャーやタイヤ交換スタンドなども自分たちで製作した。完走すら難しいと言われる鈴鹿8耐に、リタイヤでは北海道に帰れない、という強い覚悟を持って臨み、総合38位でフィニッシュ。見事、完走を果たしたのだ。

「鈴鹿8耐を完走できるバイクを作れたという経験は、整備士として絶大な自信に繋がりました」

最後に、北海道で商売を続ける上で、重要と考えることについて聞いた。

「北海道はパーツやオイルなどを仕入れる際の送料が高いため、どのように利益を出すかを考える必要があります。そこでポイントとなるのが、仕入れ元に対する価格交渉です。私は消耗品を一括購入し、知り合いの販売店に業販しています。大量に仕入れることにより、単価を引き下げてもらっているのです」

1年を通じて多忙な日々を過ごしている高松社長。同氏は鈴鹿8耐で証明した確かな技術を携え、様々な業務を展開しながら、北の大地に住むライダーのバイクライフを支え続けている。

人気記事ランキング

「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


3代目500円硬貨、浸透には時間が必要?SNSでは「使えない自動販売機が多い」との声が多数

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


SNSで情報拡散し人気上昇のスペイン発「レオンアート」。原二なのにブレイクアウトより大きい!

125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


SE Ranking