モーターサイクルショーイベント愛知県

「名古屋モーターサイクルショー」に3万6188名が来場

公開日: 2022/05/30

更新日: 2022/09/06

2020年春、大阪、東京に次いで、3つ目のモーターサイクルショーとして初開催が予定されていた「名古屋モーターサイクルショー(以下、名古屋MCS)」。しかし、2020年の年明け頃から新型コロナウイルス感染症が日本でも拡大。大阪と東京のモーターサイクルショーが中止となり、名古屋MCSも中止となった。

それから丸2年。まだまだコロナ禍が収まったわけではないが、各所で実施されていた「まん延防止等重点措置」も3月21日で終了。そして、4月8日から10日にかけ、愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)」において、「第1回名古屋モーターサイクルショー」が開催された。

待ちに待った初開催。それは二輪業界のみならず、バイクファンにとっても同様であった。8日に6354名、9日に1万5618名、10日に1万4216名、合計3万6188名が会場に足を運んだ。

「目標来場者数の3万人を超えることができました」(名古屋MCS実行委員会事務局)

この人数は、まん延防止等重点措置期間中ではあったが、3月19日から21日にかけて大阪で開催された「第38回大阪モーターサイクルショー」よりも多い来場者数だ。

名古屋MCSには、国内外の二輪車16ブランドのほか、二輪車関連用品、サービス関連企業や団体など合計103社が出展。イベントも豊富で、屋内では国内メーカーの開発者が工業高校生を対象にした「高校生向けものづくり講座」を開講。今、人気のバイク系YouTuberの「合同オフ会」などを実施。屋外でも、「フリースタイルモトクロス」「最新モデル体験試乗会」「電動バイク試乗会」「親子バイク教室」のほか、教習所の教習車を用いて実際の教官が指導する「セーフティライディングレッスン」など様々なイベントが行われた。

現在、二輪車は密にならない移動手段や趣味として注目を浴び、物流がままならない状態においても、2021年の新車国内出荷台数は前年比プラスを記録。コロナ前の2019年と比較してもプラスだ。名古屋MCSは、そのイキオイがそのまま感じられるイベントとなった。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...