電動バイクEVビジネス

俳優・三浦翔平さんのブランドサポーター就任と、移動を“タノシク”する次の展開を発表

公開日: 2022/11/28

更新日: 2022/12/01

日に日に勢いを増す電動化の波。小誌でも電動モビリティの情報を載せない月がないぐらい、毎月、何かしらの情報を掲載している。その電動化の流れをリードする会社の一つが、和歌山県和歌山市の『glafit株式会社(以下、グラフィット)』。

同社は2017年創業の新しいベンチャー企業だが、これまでの間、創立からの5年でいくつもの話題を提供している。まず、2017年、クラウドファンディングサイト『Makuake(マクアケ)』で公開した『GFR-01』プロジェクトの応援購入金額が当時の最高記録となる1億2800万4810円を達成。2020年には、立ち乗り電動モビリティ『X-SCOOTERLOM』、GFR-01のフルチェンジモデル『GFR-02』を発表。

さらに、今年12月には『モビリティ・カテゴリー・チェンジャー(モビチェン)』を発売予定。これはGFRに取り付けられる日本初の機構。モビチェンを取り付けることで、機能的にも法律上でも自転車と電動バイクを切り替えることが可能。モビチェンを得たGFR-02は現在、『二刀流バイク』というキャッチフレーズでプロモーション活動が展開されている。

三浦翔平さんがブランドサポーターに就任

高い注目を集めているグラフィットだが、11月9日、東京都品川区にある『TUNNELTOKYO(トンネルトウキョウ)』で『glafit戦略説明会』を開催。同説明会では大きな発表が2つあった。一つは、俳優として活躍している三浦翔平さんのブランドサポーター就任。三浦さん出演のプロモーションビデオも同時に公開されたほか、グラフィットの代表取締役CEOの鳴海禎三さんとのトークショー、二刀流にちなんで俳優以外にもチャレンジしたいことの発表、交通ルールに関するクイズなども行われた。

もう一つの大きな発表は、グラフィットの今後の展開。2024年春までに施行される道交法の改正で新たな車両区分が増えるが、新設される『特定小型原動機付自転車』において、新たな展開を計画していることを鳴海さんが発表。現時点では、その内容は不明だが『移動を、タノシメ!』をキーワードとするグラフィットだけに、これからどのような展開を見せてくれるのか楽しみだ。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...