HARLEY-DAVIDSONニューモデル

新モデル「ブレイクアウト」メディア試乗会を開催、ハーレー最高峰の排気量とリッチなトルクを実現

公開日: 2023/03/30

更新日: 2023/04/03

ハーレーダビッドソンジャパン(以下、HDJ)は2月21日、ヒルトン東京台場でニューモデル「ブレイクアウト」のメディア試乗会を開催した。

新型ブレイクアウトは1月26日にジャパンプレミアを行って以降、高い注目を集めている。前モデルからパワーアップを図ったMilwaukee-Eight™117 VTwinエンジン(1923cc)を新たに搭載し、ハーレー最高峰の排気量とリッチなトルクを実現。また、デザインを一新するだけでなく、前モデルから約5L(約43%)増加した18.9Lのタンクを採用。さらに、クロームを多用し煌びやかなデザインとするなど、大幅なモデルチェンジが行われている。

小林ゆきさんによる試乗インプレ

いままで色々なハーレーのモデルに乗ってきましたが、新しいエンジンになったブレイクアウトは、より一層迫力が増しています。また、トルクのフィーリングも楽しみながら乗ることができます。

スタイルは、すごくシンプルなものとなっていますが、タンク周りはさすがハーレーのクルーザーモデル、といった迫力あるデザインになっています。その中でも特に、幅240mmの極太リアタイヤは、デザインだけでなく乗り心地においてもかなり特長的なパーツになっています。また、跨ってみるとシートは横幅があり、ステップは前にあるため、少し体格の良い人向けのポジションになっているのかなと感じました。けれども、小柄な人でも乗れないことはないと思います。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


Ninja40周年を記念した4モデル登場!

カワサキモータースジャパンは2月8日、お台場防災公園(東京都)で「Ninja 1000SX」「Ninja ZX-10R」「N...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


KAWASAKI「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」足つきインプレ!

カワサキのニューモデル「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」の足つきチェックを、「Ninja ZX-25R」オーナの小...


【2023年上半期総まとめ】新車・中古車販売で国内4メーカーが苦戦する中、輸入新車は前年同期比プラスに

コロナ禍以降、注目を浴びて好調に推移していた二輪車の販売台数。今年はどうなっているのか。2023年も...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...