ニューモデルオフロード

「Triumph」普通二輪免許で乗れる2つの400ccモデルを発表

公開日: 2023/07/31

更新日: 2023/08/03

7月15日、カワサキから4気筒のスーパースポーツモデル『Ninja ZX-4RR』が発売された。ラムエア加圧時の最高出力が80PSと、レーサーレプリカ全盛の1980年代や1990年代のモデルをはるかに凌ぐパワーを発揮する。

また、ハーレーダビッドソンは3月、中国市場向けに並列2気筒の353ccモデル『X350』を発表。さらに、7月にはインドにおいて、ヒーロー・モトコープとのコラボレーションモデルである空冷単気筒エンジンを搭載した440ccの『X440』を発表するなど、にわかに普通二輪免許で乗ることのできる400ccクラスが賑やかになってきている。ハーレーの2車種は日本市場導入のアナウンスは今のところはない。最もX440は440ccなので、そのままなら普通二輪免許では乗ることはできないが。

そのクラスへ新たに参戦してきたのがトライアンフ。6月28日、『Speed400(スピード400)』と『Scrambler400X(スクランブラー400X)』の2車種が、2024年の最新モデルとして『モダンクラシック』のラインアップに加わったことを発表したのだ。

Scrambler400X
Scrambler400X

新型の水冷4バルブ・DOHC・単気筒398ccエンジンは、20世紀初頭のレース用シングル、特にオフロード競技の『6Daysトライアル』をルーツとするトライアンフ『Trophy』から名付けられた『TRエンジン』。最高出力40PS/8000rpm、最大トルク38Nm/6500rpを発生する。

2モデルとも見た目はクラシックな雰囲気を持つが、中身は最新。ライドバイワイヤースロットル、トラクションコントロールシステム、ABS、イモビライザーなどのシステムが装備・搭載されている。また、スピード400・スクランブラー400Xは25種類以上の純正アクセサリーが用意されているので、スタイリング、快適性、積載性、セキュリティなど幅広いニーズにも対応している。

まず両モデルはインドで先行発売され、年末には他の全ての市場で発売される予定となっている。各市場における価格も、発売に合わせ事前に発表される。



ニューモデル記事一覧オフロード記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...