ホンダモーターサイクルショーCB

HONDAモーターサイクルショー出展者報道撮影会
CB-Fコンセプトついにアンベール

公開日: 2020/06/19

更新日: 2021/07/13

 ホンダは3月19日、各都市でのモーターサイクルショー中止に伴い、かずさアカデミアパークで「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を行った。これは、「Hondaバーチャルモーターサイクルショー」に先立ち、WEBでは見ることのできない、各モデルのパーツやカスタムなどの詳細を、メディアを通じて発信するために開催されたもの。

 撮影会開催の経緯について、ホンダ営業本部パブリックリレーション部広報課課長の永山清峰さんは、
「活動が自粛されていますが、二輪販売店は営業を行っています。そのため、こういう時期だからこそ、販売促進の1つとして、役に立つような情報を提供しなければならないのです」と語る。

 撮影車両は、ワールドプレミアのコンセプトモデル「CB-Fコンセプト」をはじめ、昨年東京ビックサイトで開催された「第46回東京モーターショー2019」で世界初出展となった「CT125・ハンターカブ」、新色が設定された「CBR250RR」「モンキー125」「スーパーカブC125」の各車種。また、「CT125・ハンターカブ」と「CB650R」のカスタマイズ装着車も展示され、「CB-Fコンセプト」のビジュアルと主要諸元が公開されたほか、同モデル以外の出展車の発売時期や価格、カラーリングなどの情報が公表された。

世界初出展となった「CT125・ハンターカブ」

「CB-Fコンセプト」は、昨年のCB生誕60周年の節目を機に、ホンダを代表するCBを“守り抜くこと・変革すること”の議論が行われ、導き出された提案の1つ。多くのユーザーからの「次のCB」への強い期待を受け、日本から世界に提案するコンセプトモデルとして、「今後のCB」に対するホンダの考えをより深めるために開発された。

 同モデルは、北米などでのレーシングシーンでも一時代を画した、日本初のグローバルモデル「CB750F(輸出モデルCB900F)」に敬意を込め、デザインモチーフを踏襲しながら、最新の技術で仕上げられている。フレームは、軽量な高張力鋼のモノバックボーンを採用。足回りには、市街地からワインディングまで路面追従性に優れ、上質なライディングフィールを提供する倒立フロントフォーク、リアにはアルミ製の軽量片持ちスイングアームのプロアームを採用している。

フレームは背骨が1本通っているモノバックボーンを採用。これにより、シングルショックとなっている。複雑な曲がり具合のエキパイは、いかにも「ホンダ・CB-F」という作りに。その他、シートには2種類の皮を使用するなど、全体を通して、所有感をくすぐるようなデザインになっている。

 現段階(2020年4月16日時点)で明らかにされている諸元は、全長2120㎜、全幅790㎜、全高1070㎜、トランスミッションは6速で、水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒998㏄エンジンを搭載するということのみ。

 次のCBを待ち望んでいるユーザーは数多く存在する。ユーザーの声を反映させるホンダが、どのような形で「CB-Fコンセプト」を市販車として発売するのか、今後の動向から目が離せない。

人気記事ランキング

新型コロナウイルス感染の収束が見えない中、ついに季節性インフルエンザの流行時期が訪れようとしてい...


1月16日と17日に行われた大学入学共通テストで、鼻出しマスクを試験監督に再三注意された受験生が、それ...


ライダーの地位向上を目的に、超党派の議員で構成されるバイカーズ議連が設立された。会長には大岡敏孝...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


全国オートバイ協同組合連合会は6月30日、衆議院第一議員会館で公明党オートバイ議員懇話会とオートバイ...


オートバイ政治連盟(吉田純一会長)は6月30日、逢沢一郎会長による講演会「二輪業界の明日を語る会」を...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


東京都は原付三輪を含む、EVバイクの車両購入補助金を増額し、6月7日より申請受付を開始した。なお、受...


自工会は6月21日、交通安全意識の啓発やバイクの有用性・利便性、楽しさなどを発信する、2021年「8月19...