ニューモデルカワサキEV

カワサキ初の電動バイク「Ninja e-1」「Z e-1」、ついに登場!

公開日: 2023/09/21

更新日: 2023/09/26

カワサキモータースジャパンは9月21日、同社初となる電動バイク「Ninja e-1」と「Z e-1」を公開し、2023年10月以降、導入国で順次発売を開始すると発表した。

“1st Kawasaki e-Motorcycle”をコンセプトに開発

“1st Kawasaki e-Motorcycle”をコンセプトに開発
“1st Kawasaki e-Motorcycle”をコンセプトに開発

「Ninja e-1」「Z e-1」は、“1st Kawasaki e-Motorcycle”をコンセプトに開発。欧州A1ライセンス(排気量125cc以下かつ最高出力が11kW(15 馬力)以下の車両に対応するライセンス)に対応。最高出力9kW(12PS)を発揮するコンパクトな電動モーターと、軽量なフレームの組み合わせによる優れた加速性能と軽快なハンドリングで、電動バイクであっても、カワサキらしい "Fun to Ride"の走りを実現。また、 排ガスを出さず熱や振動の少ないクリーンな乗り心地を提供する。

シャープでコンパクトなイメージを創出した「Ninja e-1」

シャープでコンパクトなイメージを創出した「Ninja e-1」
シャープでコンパクトなイメージを創出した「Ninja e-1」

「Ninja e-1」は、Ninjaシリーズ共通となるイメージのフルカウルデザインを採用。スポーティなボディワークに加え、高級感あふれる仕上げによりワンランク上のモデルに匹敵する存在感を実現している。また、通常排気管が配置されるカウル下部をスリム化することで、シャープでコンパクトなイメージを創出。灯火類は全てLEDを採用している。車両重量は140㎏。

コンパクトなイメージをより強調した「Z e-1」

コンパクトなイメージをより強調した「Z e-1」
コンパクトなイメージをより強調した「Z e-1」

「Z e-1」は、Zシリーズのアグレッシブさと、電動モデルの未来的な表現をバランスよく組み合わせたスタイリングを採用。エンジンと排気管が存在しないことにより、最低地上高を高く取ったデザインとし、コンパクトなイメージをより強調させている。また、従来ラジエターが装着されている部分にはヘッドパイプカバーを装備し、シャープなスタイリングを実現している。車両重量は135㎏。

一充電あたりの走行距離は72kmを実現

一充電あたりの走行距離は72kmを実現
一充電あたりの走行距離は72kmを実現

両モデルは、登り坂などで短時間の出力向上を可能にする「e-Boost」や、駐輪時など極低速の移動に役立つ「ウォークモード」など、電動バイクならではの機能を採用。通勤・移動手段における、日々の扱いやすさが特長となっている。また、取り外し可能なリチウムイオンバッテリーは家庭用コンセントからの充電が可能で、専用アダプターを使用すれば、バイクに搭載したまま充電することもできる。一充電あたりの走行距離は72km(実際の走行距離は使用環境により異なる)を実現している

この他、通常走行のための「ROADモード(最高速度はNinja e-1:88km/h、Z e-1:85km/h)」と、出力を制限することによってバッテリーの消耗を抑制する「ECOモード(最高速度はNinja e-1:64km/h、Z e-1:62km/h)」を用意。走行モードの選択は、左側ハンドルに配置されたモードスイッチで行うことができる。スロットルが完全に閉じた状態であれば、走行中でも変更することが可能だ。

日本での発売時期や販売価格、諸元等の情報については、決定次第、カワサキモータースジャパンより発表される。今後の動向に注目だ。



カワサキ記事一覧EV記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...