スズキニューモデル

アドベンチャーモデル「V-STROM250SX」登場、オンオフ問わずに気軽に楽しめる1台 !

公開日: 2023/09/26

更新日: 2023/11/17

スズキは9月27日、パルコール嬬恋リゾート(群馬都)でスポーツアドベンチャーツアラー「V-STROM250SX」の報道試乗会を開催した。

V-STROM250とは性格がまったく異なるモデル

V-STROM250とは性格がまったく異なるモデル
V-STROM250とは性格がまったく異なるモデル

V-STROM250SXは、“Lightweight Versatile Crossover”をコンセプトに開発されたモデル。ロードスポーツモデル「GIXXER250/SF250」と共通の油冷単気筒SOHC4バルブエンジンを搭載。低回転域で粘りのあるトルク感を演出しながら、中高回転域では気持ちの良い加速感を実現している。また、最高出力は26psと、V-STROM250よりも2ps上回っている。

車体にも、「GIXXER250/SF250」と共通のフレームを搭載。車重は164kgと、V-STROM250よりも27kg軽量になっている。シート高は835mmと少し高めの設定だが、別売りのローシート(税込2万5520円)を購入することで、810mmまで下げることができる。また、最低地上高は205mmを確保。足回りには、前19/後17インチのアルミ製キャストホイール、セミブロック調パターンのタイヤを採用。これらの車両特性により、市街地だけでなく、ワインディングロードや未舗装路まで、あらゆるシチュエーションを楽しむことができる走破性を実現している。

V-STROM250SXは3色展開
V-STROM250SXは3色展開

V-STROM250SXについて、チーフエンジニアの鈴木一立さんは次のように説明する。

「V-STROM250SXは、電子制御満載のV-STROM1050、800とは違い、電子制御せずにエンジンと車体の性能を使い切る考え方で開発しました。また、V-STROMシリーズの中でも圧倒的な軽さを活かして、市街地からツーリング先のワインディングロードや未舗装路まで、気軽に自由に楽しめるアドベンチャーモデルとしています。V-STROM250SXとV-STROM250は排気量こそ250ccで同じですが、性格がまったく異なるので、ユーザーの目的と使い方によって選択していただければと思います」

V-STROM250SXは8月24日より販売を開始している。カラーは、チャンピオンイエローNo.2とパールブレイズオレンジとグラススパークルブラックの3色展開。メーカー希望小売価格(税込)は56万9800円。

小林ゆきさんによるV-STROM250SX試乗インプレ

小林ゆきさんによるV-STROM250SX試乗インプレ
小林ゆきさんによるV-STROM250SX試乗インプレ

ワインディングロードとスキー場のダートコースで試乗を行いましたが、とにかく車体が軽い。けれども、ただ軽いだけではなく、搭載しているコンパクトな油冷エンジンは、フリクションロスが少なく、低速での粘りがありました。砂利や大きな石があるダートコースでは、そこまでハンドルを取られることもありませんでした。ダートラみない感覚で、オンロードもオフロードも楽しむことができます。

また、リヤキャリアやウインドスクリーンをはじめ、標準装備となっているナックルガードなど、高級感のある作りになっているため、所有感を満足させるような1台でもあります。



スズキ記事一覧ニューモデル記事一覧
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...