ビジネス注目

バイク購入者、男性は50代、女性は40代が最多。オリコンがユーザーアンケートを実施

公開日: 2023/10/16

更新日: 2023/10/17

顧客満足度調査を実施展開するoricon MEは、8月19日の「バイクの日」にちなみ、“利用実態調査”の結果を発表。バイク購入者は男性が50代、女性は40代が最多となり、男女ともに51cc~250ccが50%以上であることが分かった。

この記事は、過去3年以内に二輪販売店でバイクを購入し、購入価格を把握している人を対象に実施した、「『バイク専門販売店(専門販売店)』『メーカー系バイク販売店(メーカー系)』満足度調査」に基づき、利用実態を分析したもの。 アンケートの実施期間は今年2月15日~3月3日。対象年齢は全国16歳から69歳までの男女。インターネットにより調査を行った。

バイク購入者、男性は50代で女性は40代が最多

バイク購入者、男性は50代で女性は40代が最多
バイク購入者、男性は50代で女性は40代が最多

■バイク購入者、男性は50代で女性は40代が最多

『専門販売店』『メーカー系』の回答者を合計し、バイク購入者全般の傾向を分析した。まず、バイク購入者の男女比率は、男性が84%、女性が16%となり、男性が大多数を占めている。 男女を年代別にみると、男性は「50代」、女性は「40代」が最も多くそれぞれ40%、34%となっている。女性は男性に対して比較的なだらかな分布。年齢層の広さが特徴だ。

■排気量 男女ともに51cc~250ccが50%以上。原付・大型二輪で男女差あり

購入したバイクの排気量を男女で比較すると、男女ともに51cc~250ccの普通二輪で50%以上を占めているのが分かる。251cc~400ccになると、一気に比率が下がり、男性12%、女性13%となる。女性は全体の約8割が250ccまでの排気量帯となっている。原付一種は男性8%に対して女性21%、401cc以上(大型二輪)は男性26%で女性は9%と比率が逆転している。男性は大型、女性は原付と志向の違いが明白となっている。

バイク購入のきっかけは大型ほど趣味性が高い結果に

男女別 バイク購入のきっかけ
男女別 バイク購入のきっかけ

■バイク購入のきっかけ
大型ほど趣味性が高い結果に「コロナ禍」きっかけは女性で16%、購入したバイクの排気量251cc~400ccで14%


男女別「バイク購入のきっかけ」では、男女ともに「欲しい車種があった」という人が最も多く、男性45%、女性は35%。多くの男女がバイクに目を向けていたことが分かる。

これに次ぐのは「通勤・通学」で男性26%、女性32%。以下、「日常使い」や「新しい趣味」と続く。男女とも20〜30%での推移。また、コロナ禍において、三密を避ける移動手段・時代に即した趣味としてバイクが再認識されており、「コロナ禍の影響」と回答した人は、男性9%、女性16%となった。「排気量別」では、125cc以下のバイクで多く見られたのが「通勤・通学」や「日常使い」といった理由。予想通りの結果だ。

一方、「欲しい車種があった」は126cc以上のバイクを選んだ人に多くみられた。なかでも趣味的要素の強い401cc以上の大型二輪を購入した人は、全体の70%がそのように回答している。「新しい趣味」では、126cc以上のバイクを選んだ人の割合が高く24%となっている。また、「コロナ禍」を理由にあげた人は126cc~250cc、251cc~400ccの普通二輪で比較的多い傾向が見られる。

《バイク専門販売店とメーカー系バイク販売店の比較》

バイク購入者の年齢層
バイク購入者の年齢層

■メーカー系の利用者は40代以上が8割以上
購入したバイクの排気量250cc以下は専門販売店、401cc以上はメーカー系で購入がおよそ6割


『専門販売店』と『メーカー系』の利用者の年齢層を比較すると、どちらも同じような傾向が確認できるが、『メーカー系』は50~60代の割合が60%と高く、40代を含めると84%を占める。『メーカー系』利用者の年齢層は比較的高い傾向が伺える。

購入したバイクの排気量ごとに『専門販売店』と『メーカー系』の利用比率を比較したところ、250cc以下は専門販売店、大型二輪はメーカー系での購入割合が高いことが見て取れる。バイクの購入経験について聞いたところ、専門販売店は「初購入」が最も高いがメーカー系は「買い替え」需要が多い。



二輪ビジネス関連記事一覧注目記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...