ビジネス

中古二輪車輸出が好調、800cc超クラスは7月に1000台突破

公開日: 2023/11/02

更新日: 2023/11/09

財務省の貿易統計により、2023年1月から8月までの中古二輪車輸出は50cc以下を除く全クラスでプラスとなっていることが分かった。

金額も46.9%の大幅アップで平均単価は10万4811円に

2023年1~8月 中古二輪車の輸出台数(単位:台/出典:財務省貿易統計)
2023年1~8月 中古二輪車の輸出台数(単位:台/出典:財務省貿易統計)

排気量区分は原付一種、原付二種、軽二輪、小型二輪という分け方ではなく、下表の通り5クラスに分かれている。各クラスを見てみよう。まずは『50㏄以下』。12万1985台で前年同期と比べて2.7%のマイナス。8か月のうち3か月は前年同月を上回ったが、他の月がカバーしきれなかった。

次に『50㏄超~250cc以下』。原付二種と軽二輪が合わさったクラスで、4万2571台。同15.7%のプラス。残りのクラスは、『250cc超~500cc以下』が2884台で同32.5%のプラス。『500cc~800cc以下』が4557台で同61.9%のプラス。『800cc超』が6887台で同51.4%のプラス。500cc超の2クラスは5割以上もの増加になっている。

全クラスを合わせると17万8884台。前年同期が17万1683台なので、4.2%のプラス。新車国内出荷台数と同様に、輸出においても50cc以下が最大のボリュームゾーン。そのクラスのマイナスがほかにも響き、5割を超えるクラスが2つありながらも、増加は4.2%にとどまっているというのが8月までの結果となっている。

さて、各月のデータを表にまとめているが、800cc超クラスの7月の数字を見て欲しい。1113台。このクラスが1000台を超えるのは、今世紀に入って2007年4月(1064台)、2008年10月(1026台)以来、3回目なのだ。

また、表には入れていないが『金額』も貿易統計で確認することができる。今年が各クラス合計で約187億4909万円(輸出台数で割った平均単価は約10万4811円)。昨年同期が約127億6220万円(同約7万4336円)なので、46.9%のプラス。小排気量が減り、大排気量が増えたこともあり、車両の全体の金額も平均単価も大幅に増加した。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...