ビジネス自工会

自工会、年明け1月から新体制。豊田会長が退任し、新会長にはいすゞの片山氏が就任

公開日: 2023/11/23

更新日: 2023/12/05

日本自動車工業会は11月22日、各社トップである正副会長全員が出席し、4年振りとなるリアル形式での記者会見を開催。10月26日~11月5日にかけて開催された「ジャパンモビリティショー」の結果や、会長交代の人事などについて発表した。

第1回ジャパンモビリティショーは“成功”

第1回ジャパンモビリティショーは“成功”
第1回ジャパンモビリティショーは“成功”

冒頭、豊田章男会長は次のように語った。

「先日、第1回ジャパンモビリティショーが多くの方々のご支援とご尽力のもと、盛況のうちに幕を閉じた。お客様の数は日を追うごとに増え、最終的には目標を上回る111万2000人。日当たり10万人の方々にご来場いただくことができた。主催者としては、“成功”と言ってよいのではないかと思っている。この場をお借りして、ご来場いただいたお客様、すべての関係者の皆様に心より感謝を申し上げる」

2024年問題を踏まえ1月より新体制をスタート

2024年問題を踏まえ1月より新体制をスタートさせていただく、と語る豊田章男会長
2024年問題を踏まえ1月より新体制をスタートさせていただく、と語る豊田章男会長

続いて、新体制について発表。喫緊の課題である「物流・商用領域」に全員で取り組むことが未来への重要な一歩になるとの認識のもと、大型車の世界で豊富な経験をもついすゞの片山さんに、次期会長をお願いした。副会長は、日本のフルラインアップのそれぞれの代表として現副会長6名に継続していただく。カレンダーが変わる来年の1月より、この体制で片山会長をしっかりとサポートしていく、と豊田会長。

また、2024年5月までの任期満了を待たずに、1月から新体制をスタートさせることについては、

「日本には二輪、軽、大型、乗用と、フルラインアップ体制が整っている。これが世界にない強み。この体制を生かすためには、いま、CASE技術をはじめ、自動車業界には100年に1度の変化が起こっている中で、その都度、一番適材適所の方が引き受けるのがいいのではないか、という議論が随分進んだ。その結果、5月スタートよりも、カレンダーが変わる2024年。特に、物流は2024年問題があるため、解決すべき課題ともタイミングを合わせた形で、新体制でやったほうがよいのでは、との考えから、1月のスタートにさせていただいた」と語った。

550万人の仲間から850万人の仲間作りに向けて邁進

550万人の仲間から850万人の仲間作りに向けて邁進していく、と語る片山正則副会長
550万人の仲間から850万人の仲間作りに向けて邁進していく、と語る片山正則副会長

続いて、次期会長に決定した片山正則副会長が挨拶。下記のように決意を表明した。

「自工会では従来より、多様な選択肢、マルチパスウェイの必要性を“敵は炭素であり内燃機関ではない”という言葉で世界に訴えてきた。理解の波は着実に広がりつつある。地域の事情や特性を生かしたカーボンニュートラル実現の活動は、多くの仲間作りにつながってきており、例えば、カーボンニュートラル燃料等の議論が進んできている。今後の2年間で自工会は、今まで以上に地球環境保護への責任を果たし、エネルギー効率の向上、電動車の普及など、環境への貢献を積極的に進めていく。また引き続き、550万人の仲間から850万人(モビリティ関連企業の枠を拡大)の仲間作りに向けて邁進していく」

各社トップである正副会長全員による集合写真
各社トップである正副会長全員による集合写真

いままで自工会の会長職は、1967年の発足以降トヨタ、日産、ホンダ各社のトップが担当する輪番制を採用してきた。けれども2024年1月からスタートする新体制では、トヨタ、日産、ホンダ以外で、かつ商用トラックメーカーとしては初となる片山氏が就任する。これは、豊田会長が行ってきた自工会の変革が成し遂げられたことを意味している。



二輪ビジネス関連記事一覧自工会記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

バイクのある生活を、若者はこう考える!!

いま、二輪業界は「若者のバイク離れ」という問題に直面している。これについては、言葉通り「若者がバ...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状

新車供給が8~9割の水準に回復したことで、中古車相場も適正化に向かい始めた。その結果、コロナバブル...


原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...