HARLEYDAVIDSONLiveWire

0-100km加速3秒。
CHAdeMOなら1時間でフル充電。ライブワイヤー、ついに日本上陸!

公開日: 2021/01/20

更新日: 2021/07/26

 0‐100㎞加速はわずか3秒。1時間でフル充電。大型免許が必要だけど車検はなし。魅力の詰まったライブワイヤーが神田明神でデビューした。小売り価格は349万3600円。発表当日の12月3日より予約受付を開始した。

スロットルを開いた時、瞬時に100%のトルクを発揮

フィールドオペレーションズディレクターの刀祢一彦氏

 ハーレーダビッドソン ジャパン(HDJ)は12月3日、神田明神(東京都千代田区)で、大型電動スポーツバイク「ライブワイヤー」(日本モデル)の発表会を行った。同モデルは、欧米ではすでに発売されているが、日本では発売時期が未定のまま1年以上が経過。早期発売が待ち望まれていた。アジア圏では、日本が初の導入となる。

 プレゼンテーションではフィールドオペレーションズディレクターの刀祢一彦氏が壇上に立ち、

「ライブワイヤーは、完全電動で電気のみをエネルギー源とした、まったく新しいモーターサイクル。最大のポイントはスロットルを開いた時に、瞬時に100%のトルクを発揮するパワーと、まったく新しい機動力です」と魅力について語った。

 また、アトラクションとして落語家の立川吉笑氏が「ハーレー落語」を披露。また、ライブワイヤーの日本での好調発売とハーレーユーザーの安全を祈念し絵馬を奉納した。

必要免許は大型。でも車検は不要

日本モデルは「ビビッドブラック」と「オレンジヒューズ」の2色展開

 ライブワイヤーの最大の魅力は、その加速性能。クラッチ操作は不要でスロットルを開けた瞬間、100%のトルクを発揮し、約3秒で時速100㎞/hに達するという異次元のライディングを実現している。心臓部(シャシー底部)には15・5kWhの高電圧バッテリーとレヴォリューション電動モーターを搭載する。フル充電状態の最大航続距離は約235㎞(シティモード走行時)。急速充電規格であるCHAdeMO(チャデモ)を使えば約40分で80%、約1時間で100%の高速充電が可能。家庭用コンセントでも、一晩あればフル充電できる。

 ライブワイヤーは乗り味の異なる7つのライドモードを自由に選択できるのも魅力。フルパワーと最速のスロットルレスポンスを可能にする「スポーツモード」、日常使用に最適なバランス重視の「ロードモード」、走行距離を最大限に引き出す「レンジモード」、荒天時等に最適な安全性能重視の「レインモード」に加え、ライダー自身が自分好みにアレンジ可能な3つの「カスタムモード」も登録することができる。

 また、加速・減速・制動のトラクションに合わせて車両のパフォーマンスを最適化する先進安全技術「リフレックスディフェンシブライダーシステム」を搭載。直線やターンでの加速中やブレーキング中の車両制御をつかさどっている。

 日本モデルは「オレンジヒューズ」と「ビビッドブラック」の2色展開。出荷(納車)は2021年2〜3月となる見込み。

 なお、日本国内で運転するにあたっては、「大型自動二輪車免許」か「大型自動二輪車免許(AT限定)」が必要となる。また、車検は不要。これも大きな魅力の一つと言える。バッテリーには5年間、車両本体には3年のメーカー保証が付く。昨年12月3日から予約受付を開始しており、小売価格は349万3600円。

人気記事ランキング

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...