SHOEI

「SHOEI Gallery TOKYO」をオープン。注目ブランドの商品企画部、田上紗織が語るSHOEIのブランディング戦略とは

公開日: 2021/06/30

更新日: 2021/08/06

 さまざまなライダーの幅広いニーズに確実に応える。それがSHOEIだ。近年では定番モデルの他に、クラシカルで斬新なモデルが登場。男女を問わず、幅広い年齢の注目を集めている。

商品展開の強みは、各モデルのコンセプトが分かりやすいこと

 1959年の創業以来、日本のモータリゼーションと共に歩んできたSHOEI。現在では日本製プレミアムヘルメットとして世界でトップシェアを誇っている。人気モデルは継続的に進化し、斬新でクラシカルなEX-ZERO・Glamster、オフロードモデルのVFX–WRなどの洗練されたデザインは新たなファンを生み出した。的確な商品展開と閲覧しやすく整理されたホームページ、ショールームのオープンなどブランディングにも成功している。今回はそんな注目のブランドSHOEIの商品企画部、田上紗織さんに話を伺った。

「ヘルメットデザインについては、社内で一貫したコンセプトは特にありません。ただ、必ず企画の段階で、新商品の立ち位置をラインアップの中で明確にするようにしています。弊社の商品展開の強みは、各モデルのコンセプトが分かりやすいという点にあります。その部分を大切にしてデザインに反映しています。EX-ZEROは、クラシックジェットのJOというモデルが先にあって『このタイプのフルフェイスが欲しい』というユーザーさんの声を反映させて頂いた経緯があります」

 世界各地でライダーの趣味趣向は当然異なる。レースやスーパースポーツが人気なアジア地域ではトップモデルX-Fourteenやスポーツジェットが人気であるという。バイクの嗜好が多様化している日本やヨーロッパ市場はどうなのだろうか。

「国内での人気モデルはGT-AirⅡです。インナーサンバイザー(ヘルメット内部の収納式スモークシールド)の利便性、スポーティー過ぎず使用車種を問わない『デザインの汎用性』が人気の秘密ではないかと思われます。商品全体での人気色はマットブラックです。日本では相変わらず『白』の人気も根強いですが、ヨーロッパでは圧倒的にマットブラックが人気です」

昨年3月に「SHOEI Gallery TOKYO」をオープン

商品企画部 係長 田上紗織

 2020年3月、東京都千代田区外神田に「SHOEI Gallery TOKYO」をオープン。全商品の閲覧・試着が可能になり、ユーザーの声をダイレクトに聞ける環境が整った。フィッティングサービスにより、購入後のアフターフォローも充実。

「ショールーム開設で持ち込みでのヘルメットの内装調整に対応できるようになりました。ヘルメットが大きすぎると走行風でぶれて集中力が持続できなくなり、深く被りすぎると前方視界が狭くなる恐れがあります。できればキッチリと計測をしてから購入して頂きたいです。サイズ選びはとても重要です」

 2019年モーターサイクルショー、SHOEIはヘッドアップディスプレイを備えたコンセプトモデルを発表した。未来のヘルメットはどのように進化をするのだろうか。

「弊社のコンセプトにパッシブセーフティーとアクティブセーフティーがあります。もしもの時の安全性は勿論、アクティブセーフティーの更なる充実を目指します。快適性を高めることで集中力を持続させ、楽しみながら安全なライディングを追求していく弊社の姿勢は変わらないと考えています」

 安価な海外モデルも多く出回っている市場で、国産プレミアムヘルメット・SHOEIが輝きを放っている。安全性と快適性を両立し、洗練されたデザインが今後もライダーを魅了するだろう。SHOEIの掲げる「パッシブセーフティー(衝突安全)」と「アクティブセーフティー(予防安全)」、特に後者は我々二輪業界全体で共有するべき理念である。

新商品のZ8、人気商品であった Z7の快適性能が更に向上した今夏注目のニューモデル。メーカー希望小売価格:56,100円(税抜価格 51,000円 )

SHOEI Gallery TOKYO
住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-15-2 新神田ビル
TEL:03-5289-7151
https://www.shoei.com/stores/showroom.html

人気記事ランキング

BDSグループは5月7日、医療従事者をサポートするために「医療関係者バイク無料レンタル支援サービス」を...


SHOEIは3月16日、同社初となるオフィシャルショールーム「SHOEI Gallery TOKYO」を開設。


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


国内、海外の各メーカーがバイクレンタルサービスを開始するなか、ホンダが4月6日、「HondaGO BIKE RENT...


今年4月、ブレイズの電動バイクがまたもアマゾンの欲しい物ランキングで1位を獲得しただけではなく、...


今年3月、「電動バイクはここまで進化した」と言えるモデルが、日本市場に投入された。それが、MSソリ...


人気機種だからこそ、自分だけのオリジナルカスタムを作り上げたい。そんなユーザーのわがままに応えて...


全面施行となったことで、新たに対象となった飲食店やオフィスなどは、いままで以上の分煙対策が必要と...