SDGsBLAZE

EVモビリティメーカー「BLAZE」が
「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に加入

公開日: 2021/07/13

更新日: 2021/07/20

 電動バイクの企画・製造・販売などを手掛けるブレイズは7月7日、SDGsの国内実施を促進し、より一層の地方創生につなげることを目的とする「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に加入したことを発表した。

 ブレイズは全国の地方自治体と連携しながら、同自治体公用車のEV化や、観光地のアクティビティとしてEVモビリティを活用した集客促進などを実施。これらの活動を通じて、脱炭素社会の実現を目指している。同社は、

「EV商品を扱う企業として、持続可能なまちづくりによる地方創生の実現とSDGs推進への貢献に努めてまいります」とコメントしている。

人気記事ランキング

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...