ニューモデルヤマハ

3代目MT-09は最新技術により約4㎏の車重軽減を実現!

公開日: 2021/07/29

更新日: 2021/07/30

 ヤマハは6月25日、袖ヶ浦フォレストレースウェイで「MT‐09 ABS/SP ABS」「MT‐07 ABS」「TRACER9 GT ABS」計4車種のメディア向け試乗会を開催した。

 MT‐09 ABSは“The Rodeo Master”をコンセプトに、フルモデルチェンジが行われたロードスポーツモデル。トルクフルな888㎤3気筒エンジンや、最低肉厚1・7㎜の軽量CFアルミダイキャスト製フレームなどを新たに採用している。特に注目すべきは、ヤマハオリジナルのピンフォージドホイール技術により作り出された、世界最軽量級アルミホイール。アルミ材の独自開発と工法の確立により、鋳造ホイールでありながら鍛造ホイールに匹敵する強度と靭性のバランスを達成し、従来モデルより前後で約700gの軽量化を実現。これらの新技術によって車重を約4㎏軽減するなど、大幅に進化を遂げている。

 上級仕様のMT‐09SP ABSは、MT‐09ABSをベースにオーリンズ製のリアサスペンションやダブルステッチ入りシート、塗り分け塗装のタンクなどを装備。性能と質感を向上させたモデルとなっている。
 MT‐07 ABSは“Accessible MT with a Fitter Body”をコンセプトにマイナーチェンジが行われたロードスポーツモデル。2気筒エンジンの特性や軽快な操作性、個性的なスタイル、上質感などは従来モデルから継承しながら、アップライトなライディングポジションや、ローとハイビームを一体型としたバイファンクションLEDヘッドランプなどを採用。スタイリングを刷新し、総合的なパフォーマンスを高めている。

 TRACER9 GT ABSは“Multirole fighter of the Motorcycle”をコンセプトに開発されたスポーツツアラー。MT‐09 ABSをベースに、同モデル用に専用チューニングが施された新フレームや、優れた乗り心地と接地感をもたらすKYB製前後電子制御サスペンション、さらに新IMUを活用した運転操作を支援する各種制御などを搭載。高いスポーツ性能と実用性を兼ね備えている。

 MT‐09 SP ABS、MT‐07ABS、TRACER9 GT ABSは7月28日より、またMT‐09 ABSは8月26日より発売を開始。メーカー希望小売価格(税込)は、MT‐09 ABSが110万円、MT‐09 SP ABSが126万5000円、MT‐07 ABSが81万4000円、TRACER9 GT ABSが145万2000円。

バイクジャーナリスト小林ゆきさんによる試乗インプレッション

 フルモデルチェンジが行われたMT-09 ABSですが、車重を約4㎏軽くしたことで足回りが効くというのは予想していました。ただ、ここまですごいとは思わなかったです。グリップ感はアスファルトと一体化したような感覚があり、最初のコーナーを曲がっただけで、足回りの違いを実感することができました。従来モデルは少し荒々しさがありましたが、今回の3代目はそれを磨いて、上品な軽快感を感じ取れます。とにかく軽さが効いています。

人気記事ランキング

「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...