キムコ四輪バギーATVシリーズ

「KYMCO」が展開する、本格派ATV(四輪バギー)シリーズに注目

公開日: 2021/10/27

更新日: 2021/11/02

台湾のトップブランドであるKYMCO(キムコ)。世界一のバイク普及率を誇る台湾におけるシェアは30%を超え、新車販売台数では21年間連続でトップに君臨している。イタリア・スペインでもスクーター販売台数でトップクラスの販売実績があり、主力商品であるスクーターは勿論、ATV・シニアカーの分野においても、ヨーロッパでの評価・人気は日本よりも高い。

2015年からキムコジャパン株式会社が設立され、日本国内での販売体制・パーツ供給が更に充実。KYMCOブランドの洗練されたデザインと優れたコストパフォーマンスは国内でも着実に浸透している。

そして今注目されているのがATV(四輪バギー)シリーズだ。ATVとは「All Terrain Vehicle」の略語。つまり全地形対応車を示す。アウトドアブームの中、クルマ・オートバイに続く第3の乗り物として、新たな市場を形成する可能性がある。

バイクとアウトドア。空前の2大ブームに適応できる第3の乗り物が、ATV・四輪バギー(全地形対応車)

キムコが展開しているのは主力モデルである4WD・デフロック、ウインチ機能搭載のMXU 700 EXI EPSとMXU 450I LE。両車とも水冷単気筒ショートストロークエンジンを搭載し、寒冷地から砂漠までフィールドを選ばない。MXU 700EXは2017年にアメリカで開催されたGNCC(グランドナショナルクロスカントリー)でシリーズチャンピオンを獲得したマシンの後継モデル。伝統あるオフロードレースを制したパフォ―マンスは世界的に評価され、オフロードレースのマーシャルカー、農業地や砂浜での運搬や牽引など、あらゆる場面で活躍している。

更に小排気量版・レジャー用として2WD後輪駆動・空冷エンジンのMXU 150X・MXU 50R・Mongoose 90Sの3機種をラインアップ。これらをアクティビティとしてレンタルし楽しめるレジャー施設も多数ある。3機種ともサイズがコンパクトであるため、バイク用トランスポーターで運搬できるというメリットも見過ごせない。価格もMXU 50Rで31万9000円(税込)。最大排気量のMXU 700 EXI EPSが132万円(税込)と、本格装備であるわりにはリーズナブルな価格設定となっている。 

現在の日本の法規ではナンバーを取得し、公道走行することはできないが、国内モータースポーツの新カテゴリーの先駆者となってみてはいかがだろうか?

人気記事ランキング

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


SE Ranking