自工会記者会見注目

日本自動車工業会・豊田会長、3期目も続投決定。副会長ポストを2席増やし6名体制へ

公開日: 2021/11/24

更新日: 2021/11/25

日本自動車工業会は11月18日、記者会見を開催し、来期の役員体制について、豊田章男会長の任期を24年5月まで再延長することを発表した。

従来、自工会の会長職はトヨタ、日産、ホンダの3社が順番に務める輪番制が慣例だったが、豊田会長の続投決定により、異例の3期目に突入することとなる。これは、大変革が必要な時だからこそ、同じリーダーのもとでやっていきたい、との強い要望を受けてのもの。

これについて豊田会長は、要請を受けるべきかどうか最後まで悩んだが、過去の危機対応で得た経験が難局を乗り越えるための役に立てば、との考えから受諾した、と説明した。

今回の人事では、副会長ポストを2席増やすことを決定。日産自動車の内田誠社長、スズキの鈴木俊宏社長が就任する。他の副会長職については、昨年10月に就任した日高祥博副会長(ヤマハ発動機社長)、片山正則副会長(いすゞ自動車社長)は続投し、ホンダは神子柴寿昭副会長(本田技研工業 取締役会長)から三部敏宏社長にバトンタッチする。

カーボンニュートラルやCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)への対応など、状況は刻々と変化しているが、これらの課題に迅速に対応するための布陣となる。

新体制について豊田会長は、

「日本の自動車産業の強みは乗用車、商用車、軽自動車、二輪車すべてのジャンルに優れた技術を持つ企業が存在する『フルラインナップ』であるところ。だが、各社とも固有の課題に直面している。例えばCASE 普及には 商用車先行による技術展開が重要であり、カーボンニュートラルを本気で実現するには、国民車として暮らしを支える軽自動車、二輪車の対応は欠かせない。単独でできることには限界がある。いまは各社が協調し前進することが重要」

と、二輪車についても言及しつつ、重要な局面に差し掛かったことを強調した。

日高祥博 副会長

これを受け日髙副会長は、

「かねてより二輪車の価値を広げるための世界標準やルール作り、二輪ファンの拡大に向けた啓発活動に取り組んできたが、現在は大変革の時代。CASEやCVなどに対し日本の産業界全体で取り組まなければならない。これは大きな課題である」

「二輪車産業は世界市場約6,300万台のうちジャパンブランドが約半数を占めるグローバルビジネスであり競争力のある産業。大きな課題に対しては、二輪車産業はもとより、自動車産業とともに取り組み、多様な移動ニーズに応えていく」


と説明した。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


AJ埼玉は11月3日、さいたま市のファインモータースクール指扇校で「第14回 彩の国 埼玉バイクフェスタ ...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


やはりヴィンテージハーレーは微動だにしなかった。コロナ禍の影響は皆無に等しく、むしろ上向いている...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...