ニューモデルヤマハ電動バイクEV

「E01」、十分なトルクを確保し航続距離104㎞を実現

公開日: 2022/05/30

更新日: 2022/09/06

ヤマハは4月13日、スクーター技術とEV技術を融合し、実用性と機能性を追求したEVコミューター「E01(イーゼロワン)」のメディア向け試乗会を千葉県野田市の清水公園で開催した。

7月より世界規模で実証実験開始

E01は、「Plugged YAMAHAto New Era(ヤマハ発動機が新時代を切り開く)」をコンセプトに開発された125ccクラスのEVバイク。東京モーターショー2019で参考出展された車両の製品化モデル。3年ぶりに開催された東京モーターサイクルショー2022で展示され、注目を集めていた。

同モデルは、自社開発の二輪EV用空冷モーターと車両固定型リチウムイオンバッテリーを搭載。業界最高レベルの出力やトルク密度、効率化を実現したモーターは、低回転からのトルク特性と幅広いパワー特性により、低速走行時の扱いやすさや、全速域でのリニアな加速感をユーザーに提供する。また、ヤマハの鋳造技術と加工技術によって製作されたコンパクトかつ軽量なバッテリーは、容量4.9kWhを誇り、高い出力を発揮。これらが組み合わさることにより、E01は最高時速100km/h、満充電時の航続距離104kmを実現している。

充電コネクターは、駐車時における充電のしやすさを考え、車両前面に配置。バッテリーは「急速充電器」「普通充電器」「ポータブル充電器」の3つの充電システムに対応しており、使用環境や用途に応じて選択することができる。

車体サイズはヤマハの原付二種モデル「NMAX125」とほぼ同じ、全長1930×全幅740×全高1230mm。シート高は755mmとなっており、足つきの良さを確保している。フレームは、強度と剛性バランスに優れた新開発のバックボーンフレームを採用。後輪懸架にはCFアルミダイキャスト製スイングアームを使用し、軽量化を図っている。

他にも、取りまわしで便利なリバース機能を搭載。また、シート下には約23Lの容量を誇るトランクを確保しており、ヘルメットの収納が可能。さらに、DCジャック内蔵のフロントトランクを設置するなど、コミューターとしての実用性も追求している。

E01は一般ユーザーへ販売を行わず、事業所、自治体、官公庁などに向けて導入するモデル。そのため、7月より日本、欧州、台湾、インドネシア、タイ、マレーシアで実証実験を実施。EVインフラやシェアリングビジネスの構築にあたり、ニーズの把握やその他周辺ビジネスの可能性探求、新たな市場開拓などを目的としている。

日本では、原付二種クラスEVや急速充電の市場受容性を調査するため、3ヵ月のリースを実施。応募期間はすでに終了しているが、リース台数は100台、リース料金(税込)は月額2万円となる。

小林ゆきさんによる試乗インプレッション

E01のバッテリーは固定式であるため、取り外す必要がないというポイントを活かし、ハンドリングにこだわった設計をしていると思います。実際に、ハンドリングはとても良かったです。そのため、ガソリンエンジンのスクーターに乗っている人は、違和感なく乗れると思います。

また、雨の中でタンデム走行も行いましたが、E01はトルクが125ccクラスとは思えないほどあるので、パワーがないとは全く感じませんでした。さらに、タイヤのグリップ感が素晴らしく、塗れたアスファルトに吸い付くような感じがありました。試乗を通じて、E01からは電動ならではのスロットル操作とパワーの出力感を感じ取ることができました。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...