公取協

公取協、2022年度定時総会開催「新会長に倉石誠司氏」

公開日: 2022/06/29

更新日: 2022/08/04

自動車公正取引協議会は6月8日、都内で「2022年度定時総会」を開催。新会長に倉石誠司氏(本田技研工業取締役会長)、新副会長には金子直幹氏(自販連会長)が選任された。

二輪関連の議案について紹介

審議は第1号議案から4号議案まで行われ、続いて「2022年度事業計画及び「普通会員会費額並びに収支予算書」の件について審議された。ここでは二輪関連の議案について紹介する。

第1号議案「2021年度事業報告書(案)」では、「中古二輪車の適正な走行距離表示の周知徹底」「冠水車の不当表示未然防止活動の実施と表示の在り方の検討」などについて報告が行われた。

前者では、走行距離表示に関する実態調査(第4回)を行い、その結果、6社(31台)で不当表示が認められたため、会員3社については厳重警告、非会員3社に対しては、消費者庁等に処置を要請した。今後、関係団体などと連携した改善指導を実施していく。

後者については、消費者への冠水車の販売は適さないこと、冠水車に関する虚偽・不表示は不当表示となること等の周知徹底を行った。

続いて2021年度決算書(案)について報告が行われ、全会一致で承認された。

第3号議案「二輪自動車業における表示に関する公正競争規約及び施行規則改正(案)」では、「電動バイクの燃費に関する規則改正(案)」「年式の表示に関する規約・規則改正(案)」などについて審議が行われた。前者は電動バイクの燃費については一充電走行距離を表示するものとし、後者については、年式をモデルイヤーと誤解し表示されるケースもあるため、「初度登録(届出)年」であることを明確化することが提案され、承認された。

続いて「2022年度事業計画書及び普通会員会費並びに収支予算書」の件について報告。「規約に基づく適正表示の一層の推進」や「中古二輪車の品質評価の定着化」を掲げ、店頭表示に関するチェックの実施を通じた適正表示の促進や、「品質評価実施店」に関するYouTube動画の配信などを行う。

また、「中古二輪車の適正な走行距離表示の周知徹底」や「冠水車の不当表示に関する規約改正および周知活動の実施」なども展開する。

2022年度予算については全会一致で承認された。

人気記事ランキング

2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


ATVが今日、安全にバイク感覚を体験できるアウトドア・アクティビティとして注目を集めている

「第三次アウトドアブーム」の今日、クルマ・バイクに次ぐ第三の乗り物、「誰でも運転できる、新たなア...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...