業界トピック電動バイクEV

ペットと乗れる電動バイク「PONY」。年明けから販売代理店募集開始!

公開日: 2022/10/03

更新日: 2022/10/03

毎月のようにニューモデルが発表される電動バイクの世界。東京都千代田区の合同会社グッドシェイプの発表した『PONY(ポニー)』も、そのひとつ。「ポニー」がほかの電動バイクと大きく違う点は、ペットを乗せて走ることができるというところ。

BDSレポートWEBでは以前にも、北海道のレストロジック株式会社が発売したペットを乗せられる電動バイク『モペット』を紹介したが、両車とも基本的な構造は同じだ。一般的なバイクのエンジンにあたる部分が空洞で、そこにペットが乗せられるようになっている。

クラウドファンディングで1200%超の支持を獲得!

現在、「ポニー」はクラウドファンディングサイトの『Makuake(マクアケ)』でプロジェクトが公開されており、9月3日から応援購入がスタート。目標金額100万円に対し、9月9日の時点でサポーター(応援購入した人数)が99人、応援購入金額1202万2560円。開始してわずか1週間で、目標金額の1202%を集めている。それだけ「ポニー」は注目されているプロジェクトだということ。閲覧者である消費者の興味を引かなければ、応援購入してもらえないからだ。

シート下にペットを乗せるスペースを確保
シート下にペットを乗せるスペースを確保

「ポニー」は、約6時間の充電で最大40㎞の走行が可能。最高速度は35㎞/h。最大30度の坂道も走行できるパワーもある。もちろん、ナンバー取得可能で、公道走行もできる。また、ハンドル部分を折り畳むことで、全高が1070㎜から670㎜になる。重量も28㎏と軽量なので一人で十分に持てる重さ。折り畳んでコンパクトにしたポニーをクルマに積んでお出かけ、なんてことも簡単だ。

ちなみに、レストロジックのモペットもマクアケでプロジェクトを公開(2021年11月)していたが、こちらも目標金額100万円に対して、応援購入金額が1393万1440円に達していた。それだけ「ペットと乗れるバイク」に需要があるということである。さて、話を「ポニー」に戻すが、マクアケでのプロジェクトは10月末まで。その後の展開をグッドシェイプに聞くと、「年明けから販売代理店の募集を開始する予定です」とのこと。

街中でペットを乗せたバイクを見る日も、そう遠くないだろう。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...