ホンダ足つきインプレ小林ゆき動画

HONDA「CL500」足つき・取り回しインプレ!

公開日: 2023/06/26

更新日: 2023/07/04

5月に発売されたばかりのホンダ「CL500」足つき・取り回しインプレをバイクジャーナリストの小林ゆきさんが行いました!

日常使いに快適なスタイル

日常使いに快適なスタイル
日常使いに快適なスタイル

CLシリーズは250ccと500ccがあります。全体の構成は一緒ですが、エンジンが違います。250ccは単気筒、500ccは2気筒ということで、その分の車重が20kg違います。それが足つき、取り回しにどう影響するのか検証していきたいと思います!

バーハンドルで、起きた姿勢になるように手前に引けて上にあがっているような形なので、ハンドル周りは全く心配がないと思われます。シート高は790mmで、ふかふかしていますが、スポンジは意外と硬めで沈む感じではないです。

では早速またがります! 私は身長160cm、RSタイチさん公認の手足短めなんですが、後ろのシートがだいぶ低く、フラットなので、またがる時とっても楽ちんですね。思い切って足を振り上げなくてもスッとまたがることができました。左側に少しお尻をずらして座っていますが、左足はかかとまでベタ足で、右足はステップをしっかり踏めている状態です。

そしてまたがった瞬間、スゴくしっくりきていて、ハンドル位置が絶妙ですね。私の体型だとハンドルと乗車位置は近くないですが、ちょうどいい高さにあります。幅広すぎず、手前に引けているので、すっと手を伸ばしたらゆったりと構えられる位置関係です。

車重が192kgということで、またがった状態からバイクを起こしてみると、多少重さはありますが、重心位置が低い感じがします。どこでバイクを起こしているかというと、太ももの内側で起こしている感じです。右足はあんまり踏ん張れる程は届いてないんですが、腕の力はいらないですね。もっと軽いバイクを起こしたりしているイメージです!

小柄な方でも安心なサイドスタンド

小柄な方でも安心なサイドスタンド
小柄な方でも安心なサイドスタンド

では、足を踏み替えます!

バイクの真ん中に座ると、シート高が790mmなので、私の短足では両足はつかないです。足つきはほとんどつま先ツンツン。親指の母指球はまったくついていないんですが、やはりスゴく軽くて160kgぐらいの感覚ですね。オフロードっぽい車体なので、シート表皮がグリップするようなタイプになっていて、足を踏み変えるとギュッギュッと音が鳴ります。シートそのものはオフロード車と思うとそんなに細くはないですが、他のスポーツタイプのバイクと比べれば、細くて、全体的にエッジを丸く作ってあるので、足つきを阻害するようなものはあまりないです。

さて、問題はサイドスタンドが払えるかどうか。

小柄な方だとオフロード車は選びにくいよっていうのは、大体サイドスタンドが払えないのが大きな理由だと思いますが、CL500はめちゃくちゃ長いヒゲが付いております! これは開発の項目に絶対あったと思うんですが、ただ付けただけではない、小柄な人にもちゃんと届くようなヒゲになっていますね! 私の短足でもつま先が届きます。バネが若干硬いことによって出す途中からちょっとオートスタンドみたいにシュッって前に出てくれるので、なかなか丁度いい長さなんじゃないかなと思います。

取り回しチェック!

取り回しチェック!
取り回しチェック!

まずはハンドルをしっかりフルロックに切って左右に回ってみますが、先程足つきでまたがった状態ではなんか軽いんじゃない? と思ったんですが、192kgですからやはり腕で起こそうとするとそれなりの重みを感じます。ホンダの技術者さんが言ってましたけど、ハンドルの切れ角もこだわったそうで、結構と切れますが、私の短腕でもしっかりブレーキを握れるぐらいの位置にあります。

ちょっと押し出してみます。大きなバイクって構えて押さないといけない物もありますが、自分が普通に立っているような状態で、スッと押せます。そしてバランスが取りやすい!

今度は、右にハンドルをフルロックして前に押してみると、横で立って歩いている状態で押せます。では右に切った状態でバックしてみますが、バックの方が楽かもしれないですね。ホイールベースが短いバイクを取り回しているイメージで、大きいバイクってちょっとでもバランスを崩すと取り回しづらかったりしますけど、バランスが崩れるところが全然ないです!

続いて、ハンドルを左に切ってバックしてみましょう。ちょうどタンクとシートの間ぐらいにタンクパットがあるので、そこに腰を当ててお尻で押しています。少し重さはありますが楽ちんです。ハンドルの切れ角はスゴく小回りする訳ではありませんが、切り返して向きを変える時に大きく角度を変えることができます。

ということで、500cc・2気筒・オフロード系のスタイルなのでそこまで重くなく、狭いところや取り回しなんかは十分やりやすいバイクということが分かりました!

【小林ゆきさん略歴】
横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。
◎小林ゆきブログ
◎Twitter
◎Kommonちゃんねる

取り回しチェック!



ホンダの記事一覧足つきインプレ動画はこちら!
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

【トップインタビュー】カワサキモータースジャパン 桐野英子 社長

3万1000台強という近年最高の販売実績を上げたカワサキ。牽引の筆頭はZ900RSだが、この先、コンペモデル...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


カワサキモータースジャパンインタビュー。二輪メーカー初の女性社長、桐野英子氏の原点はGPX250R

初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


【ハーレーダビッドソン編】BDSバイクセンサーメーカー別ランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(ハーレーダビッドソン)では、サイト内のすべてのメーカー・排...


セブンイレブンが全国の店舗で値引き販売実施! 目印は緑色の「エコだ値」シール

日本全国に2万1551店(2024年4月末時点)もの、コンビニエンスストア「セブンイレブン」を展開するセブ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...