スズキイベント動画

2023排気量無制限カタナミーティングin小鹿野!

公開日: 2023/06/30

更新日: 2023/06/30

毎年、埼玉県秩父郡小鹿野町みどりの村駐車場で開催されている「排気量無制限カタナミーティングin小鹿野」。カタナオーナーで、バイクライダーの武田さんがレポートしてきました!

121台の中から一番気になったカタナを紹介!

合計121台というすごい数の新旧カタナで埋め尽くされております! どれも個性的なカタナばかり。1台として同じ仕様はありません。カタナ好きなら見ているだけで満足できるミーティングになっています。

それでは121台の中から一番気になったカタナをご紹介します!

一見、何の変哲もないカタナですが、センタースタンドで停まっているのが非常にレア! 軽量化やバンクした時に擦ってしまうということでセンタースタンドを外す方がとても多いんですが、スタンドに加えてノーマルマフラーと、ここまで忠実に残してくれているのはとてもレアだと思います!

私も同じアニバーサリーに乗っていますが、軽くする為に改造してしまっているので、これが一瞬で目を引きました。本当に正面から見るとカタログ写真を見ているかのように真っすぐ立っていて、誰も乗っていなくても直立の状態というのは一見の価値ありです! 恐らくカタナ好きな人たちでも、この状態を見る機会は少ないと思うんですよね。改造的にはフロントフォークが国内仕様に変えてあるのと、後はエンジンガードとリアサスがオーリンズになっています。

オーナー
この車両は、前のオーナーが年配になって重いバイクが動かせないので大切にしてくれる人に譲りたいということで、中古で頂いたものです。実はこれは2号機で、1号機もアニバーサリーに乗っています。ですが、そちらはしっかり改造して度々いじってます。ノーマルライクなのは2号機で、部品調達のことも考えてもう1台押さえておいたのもありますが、堂々とした佇まいというのはやはりノーマルの形が一番最高じゃないかなと思います。改造すればするほどノーマルの良さが見えてきて、メーカーさんがきちんと作ったバイクというのが魅力的に見えてきます。

武田
ノーマルライクが1台あって、フル改造が1台あって理想的ですね! その日の体調や気分によって選べますしね! とても綺麗にされていて、本当に良いものを見せていただきました。ありがとうございました!

主催者からひと言

今年も天候に恵まれて良いカタナミーティングだったんじゃないかなと思います。また来年も、5月の2、3週辺りを狙って開催する予定です。そういった情報などは、私がやっているアメーバブログ「電光石火の日々」で皆さんに情報発信しています。今回の様子もブログに載せていますので是非ご覧ください! また来年もよろしくお願いします! ありがとうございました!

主催者ブログ「電光石化の日々」
https://ameblo.jp/heat-beat-92/entry-12803979019.html

SE Ranking

人気記事ランキング

2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダ「NR750」エンジン掛けます!1992年発売国内限定300台!

伝説のバイク「ホンダNR(NR750)」のエンジン音を小林ゆきさんがインプレ!この車両は日本最大のバイク...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


現役ライダーにバイクライフやバイクショップとの付き合い方をインタビュー! ~後編~

いまのライダーは何をキッカケにバイクに乗るようになり、どのようにショップと付き合い、どんなカタチ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...