TRIUMPH

【トライアンフ】『Tiger1200』シリーズに新機能実装、既存オーナーもアップデートが可能!

公開日: 2023/09/28

更新日: 2023/10/18

トライアンフモーターサイクルズジャパンは8月25日、『アクティブ プリロード リダクション機能(以下、新機能)』を『Tiger1200(タイガー1200)』シリーズに実装したことを発表した。

トライアンフは2021年11月にShowa製セミアクティブサスペンションを同シリーズに初搭載したが、これをさらに発展させた最新型サスペンションシステムを採用。この新機能の実装により、停車時に最大値で20mm、ローシートと組み合わせればタイガー1200GTファミリーのシート高が810mmまで下がる(最大値の場合)。新機能は65km/h以下でリアサスペンションの負荷が低減してシート高が下がるようになっており、同速度以下であればスイッチキューブにある『Home』ボタンを1秒間押すことでオン・オフが可能だ。

大柄なボディを持つことの多いアドベンチャーモデルにおいて、810mmのシート高はかなり低いと言えよう。幅が違うので一概に足つき性の比較はできないが、810mmまで下がるとスズキ『Ⅴストローム250』と10mm差。250ccクラスと遜色のないシート高となる。この安心感は大きいはずだ。

ちなみに、タイガー1200にはもとから2つのシート高設定がある。例えばGTファミリーは、ノーマルシートが870mmと850mm。ローシートが850mmと830mm。ノーマルシートに新機能が合わさると、870mmが850mm(最大値)、850mmが830mm(同)。ローシートだと850mmが830mm(同)、830mmが810mm(同)。タイガー1200にはシート高がGTファミリーよりも各25㎜高いRallyファミリーもあるが、全モデルに新機能が実装されている。

一般的に新機能追加となった場合、当たり前といえば当たり前だが、その前のモデルは対象外となる。しかし、タイガー1200はShowa製セミアクティブサスペンションを搭載したモデルであれば、整備時にアップデートができる。これは、タイガー1200オーナーにとっては、嬉しいポイントだろう。



TRIUMPH記事一覧注目記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...