ビジネスHARLEY-DAVIDSONTRIUMPH注目

普通二輪免許で乗れる海外ブランド、ハーレーやトライアンフが加わりさらに充実!

公開日: 2023/11/03

更新日: 2023/11/13

海外ブランドのモデルといえば、リッタークラスの大きな排気量を思い浮かべるかもしれないが、実は、普通二輪免許で乗れるクラスのモデルも充実している。今年、ハーレーダビッドソンとトライアンフがこのクラスへの参入を発表。注目を集めている。

ハーレー、20日にX350発表。ユーザーの志向に変化も!?

ハーレー、20日にX350発表。ユーザーの志向に変化も!?
ハーレー、20日にX350発表。ユーザーの志向に変化も!?

ハーレーダビッドソン、トライアンフ。この海外2ブランドに共通していることといえば、今年、250ccより大きく、かつ普通二輪免許で乗ることのできるクラスに新型車を発表したこと。

ハーレーダビッドソンのモデルは『X350』。今年10月、市場に投入されたばかりの1台だ。同社の『XR750』にインスパイアされたというフラットトラッカースタイルで、タンクからシートカウルにかけて流れるようなラインで、シャープな印象を受ける。ハーレーのバイクというとVツインエンジンが一つの代名詞だが、エンジンは水冷パラレルツインの353cc。最高出力36PS/9500rpmで、最大トルクは31Nm/7000rpm。排気量クラスは違うが同じ水冷式でスポーツタイプの『スポーツスターS』と比較すると、スポーツスターの最高出力は121PS/7500rpmなので、これよりも高回転型。X350は、回して遊ぶタイプであることが想像できる。

デビューに合わせて10月21日から29日まで、日本でどこよりも早くX350をお披露目する『ハーレーダビッドソンXカフェ』を東京都渋谷区原宿にオープンした。会場限定のドリンクやスイーツなどを楽しみながら、ハーレーのニューモデル・X350を眺める。またひと味違った楽しみ方を演出した。同カフェには、X350と同時に発表された500ccの『X500』も展示された。

『Speed400(スピード400)』と『Scrambler400X(スクランブラー400X)』
『Speed400(スピード400)』と『Scrambler400X(スクランブラー400X)』

そして、トライアンフ。『Speed400(スピード400)』と『Scrambler400X(スクランブラー400X)』が今年6月に発表された。インドで先行発売後、年内には日本にも導入予定だったが、発売は来年1月とのことだ。

スタンダードなスタイルを持つのがスピード400。19インチのフロントホイールやロングホイールベース、ワイドなハンドルバーなど「オンもオフもお任せ」という雰囲気を持つのがスクランブラー400X。ともに水冷単気筒の398ccエンジンを搭載し、最高出力40PS/8000rpm、最大トルク38Nm/6500rpm。

全てにおいて『ちょうどいい』ことが普通二輪免許で乗れるクラスの魅力

全てにおいて『ちょうどいい』ことが普通二輪免許で乗れるクラスの魅力
全てにおいて『ちょうどいい』ことが普通二輪免許で乗れるクラスの魅力

ハーレーとトライアンフが参入した、『車検はあるけど普通二輪免許で乗れるクラス』だが、海外ブランドにはいくつも同クラスのモデルがある。

例えば、BMWモトラッドの『G310R』『G310GS』。この2モデルの最も特徴的な部分は、後方排気であることだろう。一般的には後方から吸気して前方から排気するが、この2モデルは逆。エンジンも前傾ではなく後傾している。車体の重心位置を前にできるので、俊敏で軽快なハンドリングを実現している。

ほかにも、ロイヤルエンフィールドの『CLASSIC350』『METEOR350』。クラシカルで懐かしいスタイリングは、SNS上では女性からの「カワイイ」という声も多く確認できる。

まだまだある。KTMの『390DUKE』『390ADVENTURE SW』。373ccエンジンを搭載するハスクバーナの『Svartpilen401』『Vitpilen401』。ベネリにヒョースン、SWMなどなど探そうと思えばいくらでも見つかる。現在ラインアップから外れたモデルも加えれば、ドゥカティの『モンスター400』や『スクランブラーSIXTY2』などもある。

BMWモトラッド『G310GS』
BMWモトラッド『G310GS』

海外ブランドというと、大きな排気量に目が行きがちになるかもしれないが、実は、普通二輪クラスも充実しているのだ。このクラスの魅力といえば、何と言っても、あらゆる面での扱いやすさだろう。車重は軽いし、ボディもコンパクトなことも少なくない。パワーも使いきれないほどではないし、非力でもない。つまり『ちょうどいい』のだ。

ここにハーレーとトライアンフが参入し、話題性は十分。選べる車種やカテゴリー、ブランドが増えたことで今以上の市場活性化も期待できる。このタイミングで、『普通二輪免許で乗れる海外ブランド』という切り口で車両を揃え、来店する人に「このクラス、実はモデルが豊富」であることをお知らせするのも面白いかもしれない。



二輪ビジネス関連記事一覧注目記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

【トップインタビュー】カワサキモータースジャパン 桐野英子 社長

3万1000台強という近年最高の販売実績を上げたカワサキ。牽引の筆頭はZ900RSだが、この先、コンペモデル...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


カワサキモータースジャパンインタビュー。二輪メーカー初の女性社長、桐野英子氏の原点はGPX250R

初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


【ハーレーダビッドソン編】BDSバイクセンサーメーカー別ランキング

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(ハーレーダビッドソン)では、サイト内のすべてのメーカー・排...


セブンイレブンが全国の店舗で値引き販売実施! 目印は緑色の「エコだ値」シール

日本全国に2万1551店(2024年4月末時点)もの、コンビニエンスストア「セブンイレブン」を展開するセブ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...