ニューモデルカワサキ

歴史と伝統を継承する「MEGURO K3」発表会を開催

公開日: 2021/01/25

更新日: 2021/07/26

日本初のスポーツバイクメーカー“メグロ”ブランドが復活

 カワサキは11月19日、カワサキプラザ東京等々力で「MEGURO K3」の発表会を開催した。同モデルは、2021年2月1日より発売が開始される"メグロ"の名を冠した記念すべき1台。日本初のスポーツバイクメーカーである″メグロ〟ブランドの復活と、大きな話題を集めている。

「MEGURO K3」は、空冷バーチカルツインエンジンを搭載した「W800」の派生モデル。普遍的な美しさを追い求めつつ、随所に個性が光るデザインとなっている。タンクには銀鏡塗装とハイリーデュラブルペイントが施され、見る角度や光の当たり具合によってにもメッキにも映り、様々な表情を見せる。また、燦然と輝くエンブレムは、シボ加工を施したアルミ型押し成型に職人が手作業で塗装を行った一品。目黒製作所のシンボルが、現在の手法で蘇った。

エンブレムはシボ加工を施したアルミ型押し成型に職人が手作業で塗装した一品

 機能面では、「グリップヒーター」「ETC2・0車載器」「センタースタンド」「ヘルメットロック」を標準搭載。また、Euro4排ガス規制に対応した環境性能を備えている。なお、「MEGURO K3」は『カワサキケア』対象モデルとなっている。
 
 年間販売台数について、PR担当である川崎重工営業本部の奥村和磨さんは「年200台」と説明。また、今後の展開については、
「今後、車種を増やしていく予定はありません。ただ、大きな反響があれば、もしかしたらあるかもしれません」としている。

 メーカー希望小売は127万6000円。カラーは「ミラーコートブラック×エボニー」のみ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...