業界トピックツーリング

都ホテル四日市の「ライダーズプラン」は、かゆいところに手が届く!

公開日: 2021/04/30

更新日: 2021/09/22

 鈴鹿サーキットまで約40分。鈴鹿スカイラインまで約30分。青山高原まで約60分。伊勢志摩スカイラインまで約90分。バイクに乗っている人にとって、絶好のロケーションにあるのが、三重県四日市市にある「都ホテル 四日市」。

 同ホテルが3月25日からスタートしたのが「ライダーズプラン」。名前の通り、バイクで訪れた人専用の宿泊プランとなっている。このプランが利用可能な期間は2022年3月31日までとなっており、まだまだ十分に日にちが残っている。

 プランの内容だが、宿泊者用の無料駐車場は、ホテルの地下に専用スペースとして用意されている。そこには工具類、洗車セット、チェーンルブやメンテナンスローラーなどの貸し出し特典があるので、ちょっとした整備を行うことも可能。さらに、駐車場には防犯カメラも設置されており、万全な防犯対策もとられている。

都ホテル 四日市

 ライダーからしたら、「こういうのがあったらいいな、うれしいな、便利だな」というのが、このプランには用意されているのだ。

「お客様にご提供するプランを社員から公募し、その中から選ばれたのが『ライダーズプラン』です。提案したのは、バイクを趣味にしている社員です」(都ホテル四日市)

 なるほど。バイクが趣味の人の提案だから、バイク乗りの気持ちの分かるプランになっているのだと納得。

 4月10日時点で「まん延防止等重点措置」が大阪、兵庫、宮城に適用されており、同月12日には、東京、京都、沖縄にも適用されるなど、新型コロナウイルスは依然、拡大傾向にある。

 それでも、秋に開催予定の「鈴鹿8耐」に合わせて、11月の空室状況の問い合わせが、すでに何件か来ているという。

「ツーリングが楽しめる状況になりましたら、防犯カメラを備え、風雨に晒される心配もなく、バイクを安心して停められる駐車場のほか、各種メンテナンス道具も用意した『ライダーズプラン』を、ぜひともご利用ください」

■都ホテル 四日市ホームページ
https://www.miyakohotels.ne.jp/yokkaichi/

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...