TRIUMPHニューモデルカスタム

トライアンフとギブソンのコラボレーションモデル

公開日: 2022/04/28

更新日: 2022/09/06

1959年のギブソン「レスポール・スタンダード」。ジミー・ペイジやジェフ・ベックをはじめとした、世界のギタリストたちに愛用され、数々の作品を世に送り出してきたモデルだ。音が良いのはもちろんのこと、希少価値が高いことから数千万円で取引されたりする、ギブソンにおける最高傑作の一つである。現在、ギブソンには、ヴィンテージをスキャンしたデータをもとに製作された「1959 Les Paul Standard Reissue」がラインアップされている。

その1959年、トライアンフには初代「ボンネビルT120」が誕生。当時の、同じような排気量を持つライバル車種とは比べものにならないほどのハイパワーモデルで、『ファーストボニー』の愛称で親しまれた。このボンネビルは、ボンネビルシリーズの中でも希少性が高いことで知られ、1959年製のレスポール・スタンダード同様に高値で取引されている。

初代ボンネビルT120とレスポール・スタンダード、ともにブランドを代表する名機の生まれた年が同じであることから、トライアンフとギブソンがコラボレーションを発表。バイクとギターの両方で「1959レジェンドカスタムエディション」を製作する。

トライアンフの「1959レジェンドカスタムエディション」には、レスポールを彷彿とさせるサンバーストでボディを手塗り、タンクにはギターのネックとヘッドが描かれ、特製のバッジも随所に取り入れられるほか、シートにはギターのピックが収容できるピックホルダーも作られている。

ギブソンの「1959レジェンドカスタムエディション」は、エンジンフィンをイメージしたピックガード、レーザーエッチングの施されたピックアップカバー、専用スイッチバックプレートなどが装備される。

この2つのコラボモデルは、男性のメンタルヘルスや前立腺ガンに対する啓発・募金活動を目的とした、ライダーが参加するチャリティーイベントDGR(The Distinguished Gentleman's Ride)を後援する一環として製作され、2022年に最も多額の寄付を集めた人に賞品として贈呈される。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...