ニューモデルホンダ

HAWK11誕生、創りたかったのはベテランライダーが楽しめるバイク!

公開日: 2022/06/29

更新日: 2022/07/12

ホンダは6月9日、山梨県のPICA山中湖で、日本限定の新型ロードスポーツモデル「HAWK11」の報道試乗会を開催した。

国内専用のロードスポーツモデル「HAWK11」

<center>HAWK11開発チーム</center>
HAWK11開発チーム

HAWK11は、「速くない、でも少し速い。大人の、つかの間の至福」をコンセプトに開発されたモデル。東京モーターサイクルショーで初公開されて以降、その個性的な見た目から賛否両論が飛び交うなど、大きな話題を集めている。

HAWK11は、既存の車体を活用しながら、現行のラインアップとは異なる位置付けの派生展開として、市場規模、設定台数に対応した作り方などの検討成果も取り入れた開発を行う「アーキテクチャーシリーズプロジェクト(ASP)」という発想から生まれている。そのため、「CRF1100LAfrica Twin」や「Rebel1100」、「NT1100」と同じ水冷直列2気筒1082㎤エンジンを搭載。また、アフリカツインのフレームを使用しながら、ワインディングを楽しめるスポーツモデルを追求している。

車体は、セミダブルクレードルフレームに前後17インチホイールを組み合わせ、キャスター角を25度に設定。また、マフラーを上向きに配置してバンク角を維持しつつ、セパレートハンドルによる前傾姿勢のライディングポジションとすることで、高いハンドリング性能を確保している。なお、車重は214㎏、シート高は820㎜。

機能面では、ダイレクトなスロットルレスポンスに寄与する「スロットバイワイヤシステム(TBW)」や、フロントタイヤの浮き上がりとリアタイヤのスリップを緩和する「Hondaセレクタブルトルクコントロール(HSTC)」を採用。また、「スタンダード」「スポーツ」「レイン」に、自身でカスタムできる「ユーザー」を加えた4つのライディングモードやABSを標準装備している。

同モデルについて、ホンダ企画部の森口雄司さんは次のように説明する。

「創りたかったのは『すごいバイク』ではなく、半日の自由を見つけ、出掛けて『楽しいバイク』です。若かりし頃からの経験を経て『バイクと付き合える時間』を熟知した大人のライダーの琴線に触れるモデルを目指しました」

メーカー希望小売価格(税込)は139万7000円。カラーは、パールホークスアイブルーとグラファイトブラック。予約受付はすでに始まっており、9月29日より発売される。

柴田直美さんによる試乗インプレ

見た目の印象からフレームが硬かったり、曲がりにくかったりと、少し癖のあるモデルなのかなと先入観を抱いていました。けれども、ワインディングで試乗した際に素直に反応してくれたため、想像していたよりも乗りやすいバイクであることが分かりました。また、取り回しの時は少し重量があるなと思いましたが、跨るとその重さを感じませんでした。

足つきは、シートやサイドがかなりスリムになっているので、足を真っ直ぐ下すことができます。そのため、見た目よりもいいなと感じました。HAWK11ですが、コーナリング後の立ち上がりでアクセルを開けた時の力強さに、ものすごく興奮しました。

人気記事ランキング

2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


ATVが今日、安全にバイク感覚を体験できるアウトドア・アクティビティとして注目を集めている

「第三次アウトドアブーム」の今日、クルマ・バイクに次ぐ第三の乗り物、「誰でも運転できる、新たなア...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...