カワサキ足つきインプレ小林ゆき動画

KAWASAKI「Z650RS」足つき&取り回しインプレ!

公開日: 2023/07/07

更新日: 2023/07/12

Zの血統を受け継いだカジュアル・レトロスポーツバイク「Z650RS」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさんがインプレしました!

「ザッパー」をオマージュしたレトロな外観!

「ザッパー」をオマージュしたレトロな外観
「ザッパー」をオマージュしたレトロな外観

外観は70年代に往年の名車と言われるZ1、Z2、そしてその兄弟の「ザッパー」と呼ばれるZ650をオマージュし、現代の技術で蘇らせたモデルで、ネオクラシックというか少しレトロ。プラットフォームとしては、現代のZ650のフレームやエンジンを使って2気筒となっています。ですが角ばったZの雰囲気はどこにもないぐらい、非常にレトロシックな雰囲気を醸し出しています。

シート高は800mmで、20mm高いハイシートも用意されています。800mmというと、スポーツバイクとしては高いと思われるかもしれませんが、横に立つと、私が所有しているシート高790mm のGPZ900Rと比べると低い感じがします。そして足つきに重要なサイドの張り出しですが、往年のZ650と違って2気筒なので、シートは上から見た感じ、だいぶ前が絞れています。丸みが綺麗に削れていて、その下に往年のZ1、Z2のような風情のあるサイドカバーが付いています。

ザッパーは日常の足として非常に人気があったということなんですが、Z650RSも同じ雰囲気を感じます!

ステップ高めで足つき良好!

ステップ高めで足つき良好
ステップ高めで足つき良好

私のスペックは身長160cm、手足短め。同じぐらいの身長の方よりも手も足が4cmづつ短いのですが、シート高800mmはどうかというと・・・・とっつきの良さがすごいです!

体は左に寄せていますが、右足はしっかりステップを踏めていて、膝が90°曲がるくらいステップが高めに付けられています。最近のバイクだと身長175cmぐらいの方に合わせてステップが低いものが多いのですが、スポーティーに走る為の高さかもしれません。そして地面に着いている左足は、なんとカカトまで着いています! 少し真ん中に座り直しても足の母指球がしっかり地面に着いています。

では、またがったままバイクを起こせるかどうか。大事なのはハンドルの位置関係ですが、ハンドルポストからしっかり上に、手前に引けたハンドルになっているので、私の短い腕でも肘を曲げて握れます。超楽ちんです。そのおかげで腕に力を入れずに簡単にバイクを起こせました! すごい軽いですね。ですが、バイクを起こした状態だと左足の母指球がギリギリ届く感じなので、しっかり腕で支えてあげる必要があります。

足を踏み替える前に両足着地をトライしてみますが、流石に両足を着くのは難しいですね。つま先つんつんです。ですが、サスペンションがいい感じに沈んでくれるので、もう少し体重がある方であればもっと沈むと思います。

では、足を踏み変えてみましょう。シートは高級感あるタイプの表皮なので、滑りは良くないですね。少しオイリーなワックスをすれば滑るかもしれませんが、しっかりグリップするタイプのシート表皮になっています。ですがシートそのものが結構丸みがあるので、踏み変えを阻害する要素はないし、ステップも全然邪魔しません。

それでは、サイドスタンドが払えるかどうかやってみます。ちょっとしたツノが出ているので、ギリギリ届きます。出すのもつま先でも出せますし、足が長い人であれば、カカトでそのまま出せると思います。

大型バイクに気軽に乗りたい方に絶対おススメ!

大型バイクに気軽に乗りたい方に絶対おススメ
大型バイクに気軽に乗りたい方に絶対おススメ

装備重量は188kg。650ccというと大型2輪の括りになってしまいますが、400ccのゼファーぐらいの気軽さです。グラグラさせても何とかなりそうなポジション関係で、駐車場などに出し入れする際には、何にも考えずに軽さを楽しめると思います。大型2輪免許を取ったばかりの方や、まだまだリッタークラス不安な方、日常使いに気軽にバイク乗りたいよという方にはもう絶対おススメですね! 小柄なライダーでも、1日あれば楽ちんに色々出来るようになると思います。

デザイン的にも火の玉カラーがカッコよくて、シンプルかつカッコいいというのは、歴史に残る名車の普遍なんだなという風に感じます。カワサキの650ccエンジンは全体的な重心バランスにスゴく定評があって、どっしり感もありつつ、乗ってしまえば軽そうだなというね。これからどんどんスタンダードになっていきそうな感じがしました!

【小林ゆきさん略歴】
横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。
◎小林ゆきブログ
◎Twitter
◎Kommonちゃんねる

大型バイクに気軽に乗りたい方に絶対おススメ



カワサキの記事一覧足つきインプレ記事一覧
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...