イベントツーリング

健常者と障がい者のツーリングイベント『やるぜ!!箱根ターンパイク2022』開催!

公開日: 2022/11/03

更新日: 2022/11/03

神奈川県にあるツーリングスポット『アネスト岩田ターンパイク箱根( 以下、箱根ターンパイク)』。二輪・四輪業界関係者はもちろんのこと、ツーリングやドライブを趣味とする人なら、耳にしたことがあるのではないだろうか。関東在住のライダーなら、実際に走ったことのある人も少なくないだろう。

9月11日、その箱根ターンパイクを往復するバイクのグループがあった。「有名なツーリングスポットなのだから、バイクが走っているのは不思議でも何でもない。当たり前のこと」と思うかもしれない。しかし、実は当たり前のことではなかった。その日、箱根ターンパイクを走っていたのは、世界初のイベントの参加者だったのだ。

関東屈指のツーリングスポット箱根ターンパイクで、『バイクで走る喜び』を噛み締めた1日

当日集まったSSPやボランティアのスタッフは約150名にも及んだ
当日集まったSSPやボランティアのスタッフは約150名にも及んだ

者が一緒になって、公道を走るというツーリングイベントだったのだ。主催したのは『一般社団法人SSP(SideStandProject=サイドスタンドプロジェクト)』。参加したのはパラモトライダー14名と、そのツーリング仲間76名、付き添い10名。パラモトライダー1名とその友人が1グループになり、1グループずつ走行し、14グループが箱根ターンパイクの往復約26㎞のツーリングを楽しんだ。

パラモトライダーは特別な装具を足などにつけ、体を固定。小田原料金所がスタートとゴールになっており、バイクの乗降や発進停止はSSPスタッフやボランティアスタッフがサポート。当日集まったSSPやボランティアのスタッフは約150名にも及んだ。

スタッフの多さもさることながら、当日は箱根ターンパイクを借り切って一般のライダーやドライバーを遮断するなど、大掛かりなイベントとなるため、クラウドファンディングの『CAMPFIRE(キャンプファイヤー)』で広く一般からの支援を募集。124人の支援者から支援目標金額の200万円を超える、237万円が集まった。

実に、多くの人のサポートがあって開催することができた『やるぜ!!箱根ターンパイク2022』。パラモトライダーは走り終えたあと、スタッフとハイタッチする人、満面の笑顔で「バイク最高!ありがとう!」とスタッフに感謝を伝える人など、全員が全員、バイクで走れた喜びを噛み締めていた。また、パラモトライダーだけではなく、一緒に走行した友人たちも楽しそうにしていたのも、非常に印象的だ。この参加者たちの笑顔こそが、このイベントをやる意義であり意味なのだ。

世界の舞台で戦っていた青木宣篤さんと青木治親さんが中心となって発足した『SSP』

さて、読みながら「SSP?」「パラモトライダー?」と思っている読者もいるだろう。

SSPは、事故や病気など様々な理由によって障がいを持つ人たちの「オートバイに乗る」という『夢』のサポートを目的とした非営利団体。これまでにサーキットなどクローズドな場所で『パラモトライダー体験走行会』を開催してきており、その活動に参加したことのある障がいを持つライダーの呼び名がパラモトライダーである。

SSPでは常時、サポーターを募集
SSPでは常時、サポーターを募集

SSPの設立は2019年9月。立ち上げの中心となったのは、青木宣篤さんと青木治親さん。二輪業界関係者なら年齢を問わず、一度は名前を聞いたことがあるであろう、群馬県の青木3兄弟の長男と三男だ。次男の青木琢磨さんとともに世界GPで活躍するなど、世界の舞台で戦っていた3人だが、1998年に琢磨さんがテスト中の事故で車椅子生活を余儀なくされた。

もう一度、琢磨さんをバイクに乗せたいという思いから、『TakumaRides Again』プロジェクトがスタートし、2019年には青木3兄弟が鈴鹿サーキットを走行。その日、SSP発足が発表された。

今回の『やるぜ!!箱根ターンパイク2022』もそうだが、イベントには多くの人と費用が必要になるため、SSPでは常時、サポーターを募集している。企業サポーター向けには年間費用30万円からの2プラン、個人サポーター向けには月額1000円からの3プランが用意されている。SSPの活動に興味がある人、もっと詳しく活動について知りたい人、サポーターとしてSSPやパラモトライダーの応援をしたい人は、SSPのwebサイトをチェック。

一般社団法人SSP(SideStandProject=サイドスタンドプロジェクト)

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


ホンダ、日本郵便で電動スクーター 「BENRY e:」の納車式

日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


ヤマハ「XSR900」試乗インプレ!でっかいけど足つき良好!

バイクジャーナリストの小林ゆきさんが、2022年にフルモデルチェンジを行ったヤマハXSR900を試乗インプ...