電動バイクEVビジネス

ゴールドウイン、CAKE 0 emission AB社と日本国内の独占的パートナー契約を締結

公開日: 2022/11/29

更新日: 2022/12/01

スウェーデンの『CAKE 0emission AB 社( 以下、ケイク)』。このケイクが何の会社かというと、情報に敏感な人であれば存在を知っているかもしれないが、プレミアム電動バイクメーカーだ。同社のWEBサイトを見ると、コミューターモデル、オフロードモデル、ワークモデルなどの電動バイクがあり、そのいずれもユニークなデザイン。

例えば、コミューターの『Ösa flex(オーサフレックス)』。フェニックスエンジニアリングの『ガンナー50』を連想させるような前後を貫く1本のパイプが特徴的で、バッテリーは、ただそこに置きました、的なデザインだ。

このケイクと日本国内における独占的パートナー契約を締結したことを10月31日に発表したのが、『株式会社会社ゴールドウイン』。ゴールドウインは2021年に発表した中期経営計画において、地球規模の気候変動問題に向き合い、サスティナブルな社会の発展に寄与していくことを掲げており、環境配慮素材の推進、リサイクル・アップサイクル事業の推進、カーボンニュートラルに向けた取り組みを加速させている。

アジア進出のため、ハイクオリティかつモノづくりの造詣が深いパートナーと提携

同社のモーターサイクル事業においても同様で、環境配慮を重要な課題として捉えている。つまり、ケイクが展開しているクリーンでサスティナブルな電動バイクとの親和性が高い。

この独占的パートナー契約の締結に対し、ケイク創設者兼CEOのStefan Ytterborn氏は以下のようにコメントしている。

「アジア進出には、ゴールドウインのようなハイクオリティかつモノづくりの造詣が深いパートナーと提携できることほど良いことはありません。ゴールドウインは長年にわたり私がよく知る会社であり、彼らの品質に対する責任、革新への情熱、顧客との関係構築力は業界をリードするものです。日本のような重要な市場で、他でもなく彼らと仕事ができることを光栄に思います」

今後については順次アナウンスされるが、2023年春頃に電動バイクの予約受付開始が予定されており、2023年1月からの3年間で5000台の国内販売を目指すとしている。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...