トライアンフ

トライアンフモーターサイクルズジャパン。12か月連続月間登録台数記録を更新!

公開日: 2021/08/26

更新日: 2021/09/09

 トライアンフが好調だ。日本自動車輸入組合(JAIA)の発表しているデータによると、トライアンフは昨年6月から今年5月まで、12か月連続して月間登録台数の記録を更新。惜しくも、今年6月は前年同月比でマイナスとなってしまったが、7月には再びプラスとなり、今も高い水準で推移を続けている。

通常モデルに加え、限定車も好調で、月間登録台数記録の更新に貢献

戦略モデルとして位置付けられている「TRIDENT 660]

 モノゴトには波がある。良い時もあれば、そうではない時もある。そして、誰もが、良い時はそう長くは続かない、というのを経験則で知っている。ところが、何事にも例外があるものだ。それが、去年6月からのトライアンフモーターサイクルズジャパン(以下、トライアンフ)である。なんと、12か月連続して、登録台数の記録更新を達成したのだ。

 丸1年間、記録を出し続けるというのは、並大抵のことではない。トライアンフの快進撃を支えた、ユーザーからの支持が高いモデルは何なのだろうか。

「登録台数の伸長に貢献した機種として、今年2月にリリースした新規ユーザーを獲得するための戦略モデル『TRIDENT 660』がありますが、このモデルの販売が7月現在も好調に推移しています。同じロードスターカテゴリーで人気の『Street Triple RS』も堅実に販売を維持しており、今年4月から発売を開始したEURO5対応のトライアンフのDNAでもあるボンネビルシリーズも数字を大きく牽引しています」(トライアンフ)

 通常モデルだけではなく、限定車も高人気だという。

「限定車においては『Scrambler 1200 Steve McQueen Edition』や新型『Street Twin Gold Line Limited Edition』、新型『Street Scrambler Sandstorm Limited Edition』、新型『Rocket 3 R Black』と『Rocket 3 GT Triple Black Limited Edition』も記録の更新に貢献しています」

 様々なカテゴリーのモデル名が挙がっていることからも分かるように、ブームにおいて日本でしばしば見られる、1カテゴリーに極端に集中というカタチではないのが、トライアンフの強み。もちろん、トライアンフにも、販売の半数以上をリードするシリーズやカテゴリーはある。しかし、それ以外が売れていない、注目されていない、ということではないのだ。

今年5月に前年同月比で228・1%と、倍以上の新規登録台数を記録

資料:日本自動車輸入組合(JAIA)

 表1は、昨年6月から今年7月におけるトライアンフの新規登録台数(JAIA調べ)だ。昨年6月の新規登録台数は、この1年間で最も台数の多い438台(前年同月比138・2%)。ここから、快進撃が始まる。今年1月は、この1年間で一番低い122台となったが、それでも前年同月比では154・4%。前年同月比で最も高い数字を記録したのは、今年5月。228・1%と、倍以上の台数となった。

 今年6月は、2020年6月に438台を記録したので、さすがに前年を上回ることができなかったが、新規登録台数は395台。昨年6月から今年7月までの間で3番目に高い数字となっている。

 トライアンフでは、ユーザーに支持された理由を次のように分析する。

「販売台数の半数以上はモダンクラシックシリーズとなりますが、昔ながらのスタイルに現代のテクノロジーを装備し、安全面も確保しながらエントリーライダーから熟練ライダーまで幅広い層にスタイリッシュに乗っていただけるところ。それが人気の理由です。また、2019年シーズンよりMoto2チャンピオンシップの公式エンジンサプライヤーとなり、レースからのフィードバックされたエンジンを搭載する『Street Triple RS 』を皮切りに、ロードスターカテゴリーが若い世代を中心に支持されております」

トライアンフの中でも高い人気を誇る「新型Bonneville シリーズ」

 残念ながら、月間登録台数の連続記録更新は12か月でストップしたが、7月には前年同月比で138・5%の277台を記録。依然として高い水準を維持した状態が続いている。トライアンフの勢いは、まだまだ止まらない。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして「特別色」を設定して8 月6 日に発売...


1997年の初開催以来、カブシリーズのイベントとして毎年恒例となっているのが「カフェカブミーティングi...


東京都は原付三輪を含む、EVバイクの車両購入補助金を増額し、6月7日より申請受付を開始した。なお、受...


水冷・124cm3の“BLUE CORE”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


全国オートバイ協同組合連合会は6月30日、衆議院第一議員会館で公明党オートバイ議員懇話会とオートバイ...