TRIUMPHビジネス

トライアンフ、新しいサスティナブル燃料の開発チームをヒンクリーに設置

公開日: 2023/01/30

更新日: 2023/02/01

ここ数年、高い頻度で目にしたり耳にする言葉に「サスティナブル」がある。現代社会における重要キーワードの一つなので、見聞きするだけではなく、会話のなかで実際に用いている人もいるだろう。

この「サスティナブル」は「持続性・継続性」という意味で、社会が将来も安定して続いていけるような仕組みのことを指す。例えば、魚がいっぱい獲れるからといって乱獲して絶滅させてしまっては、その時点で漁はできなくなってしまうため、それを防ぐために漁獲量を調整したりする、などのニュースを見たことがあるはず。これが持続性・継続性だ。

トライアンフ スティーブ・サージェントCPO
トライアンフ スティーブ・サージェントCPO

そして、それはレースの世界においても同じ。化石燃料に頼らない様々な取り組みが行われているが、Moto2(モト2)唯一のエンジンサプライヤーであるトライアンフは昨年12月、モーターサイクルの未来に向けた取り組みを発表した。それが、グリーンでクリーンなサスティナブル燃料の開発テストチームをイギリス・レスターシャー州の街、ヒンクリーにあるグローバル研究開発施設内に設置したというもの。

このプロジェクトによって、2024年までのモト2世界選手権で使用される燃料をE40(40%が非化石燃料由来の持続可能な燃料)への移行の実現、さらに最終的には2027年までにE100(100%非化石燃料由来の持続可能な燃料)への移行の実現を目指していく。

前述したようにトライアンフはモト2唯一のエンジンサプライヤー。それだけに、ライダーが求めるパワーやトルクを理解しており、新しい燃料の開発において、レース用エンジンのあらゆる要素を考慮して行う必要性があることも十分に承知している。トライアンフでは今後、ライダーとファンが末長くバイクを楽しめるよう、責任をもって燃料開発を進めていくという。

また、トライアンフのCPOであるスティーブ・サージェント氏(写真)は新しいサスティナブル燃料の開発について、「最終的にはレースから得た知見をすべてのロードバイクに反映させ、パフォーマンスだけではなく環境への影響も、より良いものにすることが私たちの目標です」と、コメントした。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...