BDS Report >  記事一覧

記事一覧


【自工会】「モノ消費」「コト消費」に加え、その時、その場でしか味わえない「トキ消費」に焦点
【自工会】「モノ消費」「コト消費」に加え、その時、その場でしか味わえない「トキ消費」に焦点

更新:2024/03/01

【自工会】「モノ消費」「コト消費」に加え、その時、その場でしか味わえない「トキ消費」に焦点

【自工会】「モノ消費」「コト消費」に加え、その時、その場でしか味わえない「トキ消費」に焦点

日本自動車工業会二輪車委員会(日髙祥博委員⻑)は1月16日、報道関係者を対象に「第8回メディアミーティング」を開催した。今回のテーマは「2024年国内二輪市場の展望を語る」。二輪車委員会の事業紹介に始まり...


Ninja40周年を記念した4モデル登場!
Ninja40周年を記念した4モデル登場!

更新:2024/02/20

Ninja40周年を記念した4モデル登場!

Ninja40周年を記念した4モデル登場!

カワサキモータースジャパンは2月8日、お台場防災公園(東京都)で「Ninja 1000SX」「Ninja ZX-10R」「Ninja ZX-6R」「Ninja ZX-4R」の各40th Anniversary Edition、計4モデルの撮影会を開催した。


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~
2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

更新:2024/02/16

2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が前年比で約3割減となる9万4300台と10万台を下回ったが、原付二種が前年比で約5割増となる15万0400台と大き...


KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!
KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

更新:2024/02/20

KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

40周年記念の特別カラーをまとったNinja ZX-10Rを、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが紹介。カワサキの歴史も解説します!


【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~後編~
【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~後編~

更新:2024/02/15

【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~後編~

【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~後編~

25年前までは、新車販売店として稼働していたスエザキ。ある時期を境に中古車販売へとスイッチした。比率は90%が中古。販売スタイルまで変わった。当時、市場に与えたインパクトは大きく高い注目を集めた。その...


【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~前編~
【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~前編~

更新:2024/02/15

【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~前編~

【販売店取材】スエザキサイクル商会 末崎隆太 社長(福岡県)~前編~

25年前までは、新車販売店として稼働していたスエザキ。ある時期を境に中古車販売へとスイッチした。比率は90%が中古。販売スタイルまで変わった。当時、市場に与えたインパクトは大きく高い注目を集めた。その...


保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状
保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状

更新:2024/02/14

保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状

保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状

新車供給が8~9割の水準に回復したことで、中古車相場も適正化に向かい始めた。その結果、コロナバブルは弾けた、と言われた2023年。二輪業界の水準はコロナ禍前の2019年頃の数値に戻りつつあるが、保有台数や世...


3分でわかる中古車ビジネスの“ツボ” バイクレンタルで期待できる効果とは?
3分でわかる中古車ビジネスの“ツボ” バイクレンタルで期待できる効果とは?

更新:2024/02/14

3分でわかる中古車ビジネスの“ツボ” バイクレンタルで期待できる効果とは?

3分でわかる中古車ビジネスの“ツボ” バイクレンタルで期待できる効果とは?

コロナ禍でバイクの免許を取った人は増加したが、そのなかで実際にバイクを購入した人となると、3割以下というデータもある。つまり、7割強の人に販売チャンスが残っているということ。キッカケさえあれば、販...


昭和・平成の名車、KAWASAKI「W1SA」エンジン掛け&足つきインプレ!
昭和・平成の名車、KAWASAKI「W1SA」エンジン掛け&足つきインプレ!

更新:2024/02/16

昭和・平成の名車、KAWASAKI「W1SA」エンジン掛け&足つきインプレ!

昭和・平成の名車、KAWASAKI「W1SA」エンジン掛け&足つきインプレ!

BDS柏の杜会場プレミアムコーナーに出品されたカワサキ「W1SA」、いわゆる“ダブワン”! バイクジャーナリストの小林ゆきさんがエンジン始動&足つきインプレを行いました。


モータリスト提供の『レンタル&レース』は、オフロードレースの新しい楽しみ方
モータリスト提供の『レンタル&レース』は、オフロードレースの新しい楽しみ方

更新:2024/02/15

モータリスト提供の『レンタル&レース』は、オフロードレースの新しい楽しみ方

モータリスト提供の『レンタル&レース』は、オフロードレースの新しい楽しみ方

ファンティックやランブレッタなどのモーターサイクルやスクーターを輸入販売しているモータリスト合同会社が昨年より提供を開始した『レンタル&レース』。これはその名の通り、レースマシンのレンタルサービス...


SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


ホンダ、日本郵便で電動スクーター 「BENRY e:」の納車式

日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


ヤマハ「XSR900」試乗インプレ!でっかいけど足つき良好!

バイクジャーナリストの小林ゆきさんが、2022年にフルモデルチェンジを行ったヤマハXSR900を試乗インプ...