BDS Report >  記事一覧 -19-

記事一覧 -19-


SUZUKI「GSX-8S」足つきインプレ!
SUZUKI「GSX-8S」足つきインプレ!

更新:2023/04/28

SUZUKI「GSX-8S」足つきインプレ!

SUZUKI「GSX-8S」足つきインプレ!

大阪モーターサイクルショー2023のスズキブースで公開されたGSX-8Sを、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが足つきインプレしました。


二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も
二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

更新:2023/05/08

二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

自工会二輪車委員会は3月14日、報道関係者を対象に「第5回二輪車委員会メディアミーティング」を開催した。今回はプレゼンターとして、二輪車企画部会・安全教育分科会の飯田剛分科会長(ホンダ地域事業企画部主...


第50回東京モーターサイクルショー開催! 過去最多の166者が出展し、3日間で13万9100人が来場
第50回東京モーターサイクルショー開催! 過去最多の166者が出展し、3日間で13万9100人が来場

更新:2023/05/05

第50回東京モーターサイクルショー開催! 過去最多の166者が出展し、3日間で13万9100人が来場

第50回東京モーターサイクルショー開催! 過去最多の166者が出展し、3日間で13万9100人が来場

3月24日(金)から26日(日)の3日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで『第50回東京モーターサイクルショー』が開催された。バイクシーズンの訪れを告げるイベントには過去最多となる166者が出展し、会期を通し...


モーターサイクルショーでBDSバイクセンサーをPR。東京MCSではテレビ取材を受けるなど大注目!
モーターサイクルショーでBDSバイクセンサーをPR。東京MCSではテレビ取材を受けるなど大注目!

更新:2023/05/16

モーターサイクルショーでBDSバイクセンサーをPR。東京MCSではテレビ取材を受けるなど大注目!

モーターサイクルショーでBDSバイクセンサーをPR。東京MCSではテレビ取材を受けるなど大注目!

BDSは北海道(3月11日〜12日)、大阪(3月17日〜19日)、東京(3月24日〜26日)、名古屋(4月7日〜9日)で開催された2023年モーターサイクルショーに出展。テレビCMでもお馴染みの野性爆弾くっきー!さんを起用し...


小型二輪、新車国内出荷台数、販売台数ともに大幅増! 軽二輪は前年比マイナスながらも6万台をキープ
小型二輪、新車国内出荷台数、販売台数ともに大幅増! 軽二輪は前年比マイナスながらも6万台をキープ

更新:2023/05/02

小型二輪、新車国内出荷台数、販売台数ともに大幅増! 軽二輪は前年比マイナスながらも6万台をキープ

小型二輪、新車国内出荷台数、販売台数ともに大幅増! 軽二輪は前年比マイナスながらも6万台をキープ

2022年における国内メーカー4社の新車国内出荷台数が36万8793台となったことが、分かった。前年比では2.6%の微減ながら、小型二輪が30%のプラスとなったほか、軽二輪も6万台の大台をキープした。


3分でわかる中古二輪車ビジネスの“ツボ” 「『たぶん』『分からない』『基本的に』『正直に言うと』etc・・。これが使用を避けるべき言葉」
3分でわかる中古二輪車ビジネスの“ツボ” 「『たぶん』『分からない』『基本的に』『正直に言うと』etc・・。これが使用を避けるべき言葉」

更新:2023/12/14

3分でわかる中古二輪車ビジネスの“ツボ” 「『たぶん』『分からない』『基本的に』『正直に言うと』etc・・。これが使用を避けるべき言葉」

3分でわかる中古二輪車ビジネスの“ツボ” 「『たぶん』『分からない』『基本的に』『正直に言うと』etc・・。これが使用を避けるべき言葉」

人はそれぞれ、自分の“モノサシ”を持っているが、それに当てはまらないものについては、違和感を覚えるのが普通であり、場合によっては嫌悪感を抱く。それは相手のしぐさだったり表情だったり、あるいは言葉の使...


アルパインスターズのゴールは全てのライダーに最高のエアバッグを提供し、安全な走行を叶えること
アルパインスターズのゴールは全てのライダーに最高のエアバッグを提供し、安全な走行を叶えること

更新:2023/05/02

アルパインスターズのゴールは全てのライダーに最高のエアバッグを提供し、安全な走行を叶えること

アルパインスターズのゴールは全てのライダーに最高のエアバッグを提供し、安全な走行を叶えること

今回紹介するアルパインスターズTECH-AIR®5は、これまでの安全装備の概念を覆す性能を持っている。筆者は先日、このエアバッグシステムの作動を目の当たりにしたが、「これなら自分も助かるかもしれない」と確信...


カワサキモータースジャパン、70周年記念サイトをオープン
カワサキモータースジャパン、70周年記念サイトをオープン

更新:2023/05/01

カワサキモータースジャパン、70周年記念サイトをオープン

カワサキモータースジャパン、70周年記念サイトをオープン

昭和28年(1953年)、ひとつの会社が誕生した。それが、『明発工業株式会社』。のちの『株式会社カワサキモータースジャパン(KMJ)』である。KMJは今年12月15日に創立70周年を迎える。これを記念したスペシャル...


藤原かんいちのイラストでつづる400ccバイク30選「スズキ GT380」
藤原かんいちのイラストでつづる400ccバイク30選「スズキ GT380」

更新:2023/05/01

藤原かんいちのイラストでつづる400ccバイク30選「スズキ GT380」

藤原かんいちのイラストでつづる400ccバイク30選「スズキ GT380」

400㏄の名車紹介だが、どうしても外せないのが愛称「サンパチ」で親しまれたスズキGT380だ。


豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投
豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

更新:2023/05/01

豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

任期満了を待たずに自工会会長を辞任することを表明していた豊田会長が一転、続投を決めた。自工会運営体制の改革がポイントとなり慰留要請を受け入れた。世界的にも高い知名度をもつ同氏の存在感は大きく、現状...


SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


ホンダ、日本郵便で電動スクーター 「BENRY e:」の納車式

日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


ヤマハ「XSR900」試乗インプレ!でっかいけど足つき良好!

バイクジャーナリストの小林ゆきさんが、2022年にフルモデルチェンジを行ったヤマハXSR900を試乗インプ...